僕の戯言

【子供の夢】◯◯になりたいってすぐ言うじゃん!

 

みなさんは子供の時の夢って何でしたか?その夢通りの職業に付いていますか?仕事でなくても世界一周旅行でも自転車で日本を一周でも(一周ばっか)何でもいいですけど、夢を叶える為に前に進んでいます?

 

最近長男は「大人になったら〜」の話をよくしてくるんですよ。

 

この前も急にある場所で話してきたんですよね。

 

そうです。ファミレスのトイレです。

IMG_1477

 

 

 

どうやら彼はお医者さんになりたいらしい

ずっと言ってますね。

 

「お父さん。僕お医者さんになりたい。なれる?」

 

IMG_1475

 

大抵はお風呂でこんな話をするのですが、今回はなぜかトイレ。

 

でもいいじゃないですか。やってみたい事があるっていうのは。もちろん大人になるにつれてやりたい事も変わってくると思うけど、お医者さんになってみんなを助けたいなんて素敵じゃないか。

 

お前が医者になるにはお父さんも相当頑張らないといけないけど(笑)お前がもし本気でやりたいなら絶対にサポートしてやるからな。

 

ただ一つだけ話の中で気になる事があってな・・・

 

「お医者さん途中で辞めれる?」って聞いてきたじゃん。

 

IMG_1474

 

って言うか途中で辞めれるかどうかを結構何回も聞いてくるじゃん。

 

辞めれるよ。もちろん途中で辞める事もできるけど何で?なんで辞めたいの?

 

 

「途中で辞めて警察になりたい。」

 

IMG_1477

 

 

んーーーーっと。人の夢を否定するつもりはないけど、そんなキャリアの人いるかな。否定するつもりはないけど、それはちょっと難しいんじゃないかな。

 

 

「それで警察のあとは飴つくる人になりたい!」

 

 

そっか。飴の職人さんかな?

 

 

「しゅんも!!!」

IMG_1351

 

 

え??

 

 

何が???

 

 

 

「飴つくる人はどうやってなればいいの?」

 

「しゅんもアンパンマンのパンツ!!」

 

 

IMG_1478

 

 

 

「飴つくる人はどこで飴つくるの?」

 

「しゅん!アンパンマンのパンツ!」

IMG_1479

 

 

ちょっと待って・・二人ともちょっと待て。

 

んーーっと。情報が錯綜し過ぎてて、お父さん処理出来なくなってきたな。

 

 

とりあえず、食事中だから早く出よう。

 

話の続きは後でにして出ちゃおう。

 

って言う男3人で夢を語り合った火曜日の午後。

 

 

それではブラザーズに愛を込めて

勝野太一朗

IMG_1480

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 「フォッコ」と「きゅうり」
  2. いや、100㌫全開だよ。
  3. 彼は貝になりたいわけじゃない
  4. 君を見ていると思うこと
  5. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。

関連記事

  1. 僕の戯言

    「イクメン」って言う言葉が嫌い

    何回も言っているお話ですが僕は「イクメン」って言う言葉が嫌いなんです。…

  2. 僕の戯言

    お、おう・・・

    夏に向けて体を絞ろうとしているのですが、明らかに以前より体重が落ちにく…

  3. 育児奮闘記

    いや、100㌫全開だよ。

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。子…

  4. 僕の戯言

    ありのみコースに行ってきたんだ。

    アスレチックに行ってきやした。千葉県は市川市にある「ありのみコ…

  5. 僕の戯言

    こんなに息子に愛されて嬉しい。

    なんでこんなに子供に愛されるんだろう。普通お父さんってちょっと…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    自分の妹と親友が結婚した事について「どうなの?」って聞かれるので。
  2. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。
  3. 僕の戯言

    子供との勝負だからって手加減はできない。
  4. 僕の戯言

    日本人としての礼儀と行儀を忘れてはいけない。
  5. 僕の戯言

    学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
PAGE TOP