僕の戯言

これやってみて下さい!「ワザとらしく褒める」の効果

 

子育てをしていると、思わぬ所で苦戦したりしますよね。苦戦っていうか時間が以上にかかるとか自分でやらない・・・

 

歯磨きをしない。

着替えに時間掛かる。

飯くわない。

 

まぁ挙げだしたら切りがないと思います。

 

これ僕がよくやる戦術なんですけど、結構な確率で効果大です。

 

 

めっちゃ驚いて褒めてみる

これをやるにはまずフリが必要なんです。

 

例えば「歯を磨かない」っていう事がありますよね。

 

この時に単に「磨きなさい!」「虫歯が・・」なんて言うよりもまずフリです。

 

「れん!朝の歯磨きはまだ?」

 

まぁやってないです。自らはやらない。この時に「じゃあ磨きなさい!」じゃないんです。

 

「そっか。まだ一人じゃ出来ないか・・」

 

「やってたらビックリしたんだけどなー」

 

みたいなニュアンスを伝えるんです。

そしてポイント1はその場から一度立ち去る。

 

この時は一度ぼくはトイレに行ったんです。そっかーって言いながらトイレに向かう。そして出てきた時に彼が持っていたものは

 

IMG_9221

 

剣と歯ブラシ!!

剣と歯ブラシなんて正義の象徴ですよ。

 

IMG_9225

 

 

そして2つ目のポイントはここですっげーワザとらしく褒める。

 

「エエエエッーーー!!!ウソでしょーーー!!!」

「もう終わってるーーー?ウソだよ!??」

「もう歯を磨いちゃったの!!!」

 

もしくは

 

「自分で磨こうとしてたのーーー!?』

「なんでどうしたのーーー??」

 

 

そうしたら気持ちよくてこの顔

IMG_9221

 

恥ずかしいけど、嬉しいみたいなこの顔。

 

そして最後に

「なんで急に出来るようになったのーー!!!」

 

みたいな事を言ってあげてこれを繰り返せば習慣になります。

 

なんでもやる様になります。

 

ちなみにこの時の長男の答えは

「もうお兄さんだら。」

IMG_9221

 

 

この時彼はまだ3歳かな?

次男が生まれたばっかだと思うんですけど、こんなわかりやすい照れた自慢げな顔する人います?(笑)

 

IMG_9221

 

自分がした事で「喜んでくれる」ってなると頑張っちゃうんですよね。

 

これは大人もそうで、自分の為より人の為にした事で喜んでもらえるって相当なモチベーションになりますからね。

 

是非お子さんがいる方は使ってみてください。

 

それでは3歳児の長男に愛を込めて

勝野太一朗

IMG_9222

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  2. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  3. いや、100㌫全開だよ。
  4. 父親としての子供との時間
  5. 君を見ていると思うこと

関連記事

  1. 僕の戯言

    自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

    夏になると髪を刈り上げたくなって今日の朝一で刈り上げてもらった美容室と…

  2. 僕の戯言

    あなたは本当に後輩と向き合っていますか?

    この前「チーム2年目」の会議に参加したんですけど、…

  3. 僕の戯言

    【綿棒】働き方の未来図

    この前彼と呑みに行ったんです。まぁ定期的に行ってま…

  4. 僕の戯言

    ブログ復活!!

    お待たせしました。いや、待ってないかwブログが2週間くらい書け…

  5. 僕の戯言

    あえて初心者マークを付け直す時期

    先日はうちのルーキー紗羅とミーティングでございました。帰り際に…

  6. 僕の戯言

    HOKUHOKUのバイトメンバーの意識

    先日HOKUHOKUの全体会議を行ったんです。役員である坂西、…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    お、おう・・・
  2. 僕の戯言

    新人の一人が凄く異世界の住人だった件
  3. 育児奮闘記

    大人になるにつれて「常識」に囚われてる自分がいる。
  4. 僕の戯言

    日本に名を轟かせる企業に
  5. 僕の戯言

    本当に素敵な関係性だなって思うんだ。
PAGE TOP