僕の戯言

なんかあっという間だなぁってつくづく思う事

 

月日が過ぎるのは早いなぁって凄く感じますね。

 

本当に一瞬一瞬大切にして過ごさないと、あっという間に時間は過ぎていってしまいますね。

 

そんな事を3男を見ているとつくづく思うんですねよね。

 

家では暴れん坊2人の相手をしている事の多い僕ですが、こういう風にマッタリと3男と時間を過ごすってあまり無いような気がします。

 

IMG_2449

 

長男や次男の時に比べて仕事も忙しくなり、家にいる時間が少なくなっているのもありますが、上に2人も男の子がいると、どうしてもそっちを相手する時間の方が多いんですよね。

 

でももう1歳。長男が生まれた時からの1年と3男が生まれた時の1年は時間感覚が少し違うなぁ。って。

 

僕も親としての経験を積んできている1年。長男の時は「いつ首が座るんだ?」ネットで調べる。「いつお座りするようになるんだ?」ネットで調べる。「ハイハイまだ出来ないのか??」心配になる・・・

 

こんなんばっかりでした。一つ一つの成長が待ち遠しかった分、心配事も多く神経質になっていたと思います。

 

もちろん3人目だから待ち遠しく無いっていうわけではありません。

 

ただいつ何が出来るようになるっていう事を成長の過程として経験してきているので、多少遅くても早くても気にしなくなったんですよね。

 

IMG_2455

 

この1歳くらいの時って成長速度早いですよね。掴まり立ちして、歩いて、急に喋りだしてってみるみる成長していきます。

 

いつのまにか名前を呼ぶと「はぁーーーい」ってダイブ低い声で返事するようになりました。

 

普段の声は異常に高いのに、その返事だけ「バァーーーーイ・・」って低い声で返事するようになりました。

 

最近は「お母さんじゃなきゃ嫌だ時期」も少しづつ抜け始め、僕にも抱っこのサインをバンバンしてくるようになりました。

 

だけどチューは嫌がります・・・

 

IMG_2448

 

 

長男と次男は「顔舐め攻撃」をしてもそこまで嫌がっていないような気がしたんですが、3男はまぁまぁ嫌がります。

 

 

IMG_2454

 

どうしたのでしょうか?

 

嫌なはずないと思うので恥ずかしがっているだけでしょうか??

 

真相が気になります。

 

 

それではジンに愛を込めて

勝野太一朗

 

IMG_2426

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 父親としての子供との時間
  2. 彼は貝になりたいわけじゃない
  3. ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    なんだなんだなんだ?なんだコレ!?

    甥っ子が保育園決まったみたいで、この春に入園。…

  2. 僕の戯言

    しかし凄い喜んでるなーーー

    よく外国の人が子供とハグしてる所とか、キスしてると…

  3. 僕の戯言

    結局のところ全ては「信頼」しかない。

    どーも。美容室と鉄板焼きのシャチョーです。この日はたっくん(呼…

  4. 僕の戯言

    結局のところ「行動する人」しか成功しない

    うちでは月一回全社員で全体の会議を行います。美容室も飲食も全員…

  5. 僕の戯言

    三番目の男は「度胸と愛嬌」に決定!

    ◼︎勝野家三男 仁(じん) 通称ケンカマン…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    そんな事よりお父さん気になってしょうがないんだ。
  2. 僕の戯言

    それは次の「進化」に必要な事かもしれない【破壊神】
  3. 僕の戯言

    初めての錠剤は最高だった
  4. 未分類

    貯金するくらいなら「未来の自分」に投資を。
  5. 育児奮闘記

    子供を自然と触れ合わせる事はなぜいいのか?
PAGE TOP