僕の戯言

んーーーーっと。ちょっと待って・・【緊迫のトレーニング】

やっぱり社長たるもの、いや男たるも体を鍛えてないといけない。

 

体をしっかりと鍛える事は自分の事をコントロールしている事にもなるし、それを継続させるという事は自己鍛錬にもなる。

 

だから如何なる時であれ、自分で決めたメニューは必ず行うようにしなくては。

 

 

そう。この日は休日で自宅でトレーニングを

次男が鼻垂れだった事もあり、どこも出掛けない休日だった為、体が鈍ってはいけないと思い自宅でトレーニングを開始したわけです。

 

お子さんがいる方はお分かりだと思いますが、家でそういう事をしていると楽しそうに見えるのか子供が寄ってくるんですよね。

 

ならばと思い一層のこと巻き込んでしまえばいい。邪魔されるくらいなら上手い事言って手伝わせてしまえばいい。そんな事を思ったわけです。

 

 

 

「しゅん!お父さんの上乗って!」

 

 

 

 

さ、さすがに重い・・・・・・

2歳とはいえ体重18キロの男を背負ったままの腕立て。でもこれはいい負荷になる。

IMG_0779

 

 

よし。腕がプルプル言いながらもなんとか目標回数をクリアし次は下半身だ。

 

とりあえず今日はスクワットをと思い

 

 

 

「しゅん!来て!肩車してあげる!」

 

 

 

そう。これが悲劇の始まりだった。

 

肩車したまでは良かったんだ。正解だったはずだ。いい負荷も掛かっていた。

 

IMG_0760

 

 

ただ集中できない要素が沢山あった。筋トレはなるべくその鍛えてる部位を意識した方がいい。いや、むしろ意識しないといけない。

 

だからこの時もお尻や足の筋肉に集中しなければいけなかった。

 

 

だがこの時は出来なかったんだ・・・・

 

 

 

なぜならまず前が見えない

IMG_0776

 

自分で目を閉じる行為と目隠しでは意識が全然変わってしまう。その場でスクワットだから視界良好の必要はないのだが、いきなりこれをされて少し集中に乱れが生じた。

 

ただ人間はすぐに適応できる能力をもっている。だからこの時も「自分で目を瞑った」にした。そうしたら集中できたのだがそれも束の間だった。

 

 

 

 

そう。目の中に手が入ってきた。

IMG_0777

 

 

 

スクワットをしている場合ではない状況に追い込まれた。このまま放っておいたら俺は失明をしてしまう。そんな事を考えながら下半身の筋肉に集中できるわけがない。

 

 

なんとか大人の本気の集中力をみせようとしたが無理だった。

 

 

だって

 

 

 

 

痛い・・・・

IMG_0778

 

 

そんな僕の筋トレは終わりを知らない。

こんな逆境にも負けず僕は筋トレを続ける事を決意した火曜日の午後。

 

 

それではしゅんさんに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 苦しい時こそ
  2. 「フォッコ」と「きゅうり」
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. なんか感慨深いものがあった入学式
  5. 彼は貝になりたいわけじゃない

関連記事

  1. 僕の戯言

    雨にも負けなかった僕たちのハロウィン

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーです。昨日は…

  2. 育児奮闘記

    プリンスになれないなら、悪の王を選ぶ。

    長男が保育園最後の発表会でした。今回の劇は眠れる森の美女。なん…

  3. 僕の戯言

    あなたは「その役」を演じていますか?

    いい顔してますね。凄い良い顔してるわ。よく…

  4. 僕の戯言

    アチョーーーーアアアアイイイ!!!!!

    ◼︎坂西いくと ◼︎通称 肉まんちゃん&n…

  5. 僕の戯言

    どんどん食べるようになってくるな。

    この前の休日のお昼に回転ずしに行ったんです。特に理由はなく、な…

  6. 僕の戯言

    「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼3児のパパです。今日は…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    アチョーーーーアアアアイイイ!!!!!
  2. 僕の戯言

    感謝する日々
  3. 僕の戯言

    苦しい時こそ
  4. 僕の戯言

    会社の花見が初めて成功したんだ。
  5. 僕の戯言

    鴨川シーワルドに行ってきたんだ。
PAGE TOP