僕の戯言

しかし凄い喜んでるなーーー

 

よく外国の人が子供とハグしてる所とか、キスしてるところのカッコイイ写真あるじゃないですか。

 

なんか凄くいい感じの写真。

 

だから僕も無性にそういう写真が撮りたくなって、三男と一緒に顔を寄せて頬をくっつけ合ってみたいな写真を撮ったんですね。

 

でもなんなんでしょうね?

 

やっぱりアジア人だと格好良くいかないのかな?そんな事は無いはずなんだけどな。

 

IMG_2161

 

この前見たのは中国の方の子供とのツーショットがネットに載っていて、凄いほんわかしてそれでいてカッコイイなぁと思ったので、アジアは関係していないと思うんですよね。

 

だから写真をモノクロにしてみたらいいのでは?なんて思って変えたんですけどね。

 

IMG_2162

 

なんかそういう問題でも無い気がするんですよね。

 

なんなのだろう?何かが足りないのかな?

 

あ、わかった。向き合ってるみたいなのが必要ですよね。親子で目を見て向き合ってるみたいな、微笑ましい画が必要ですよね。

 

IMG_2163

 

これなら大丈夫だ。

 

お互い目を見て、微笑み合って、信頼し合ってるっていう画になりますよね。

 

しかしイイ写真だなぁ。

 

親子愛の象徴みたいな写真だなぁなんてコレ見て思っちゃったんですよね。

 

IMG_2163

 

 

長男や次男の時もそうでしたけど、本当にお父さんが好きすぎて、くっつきたい感が出すぎて大変なんですよね。

 

お父さん!お父さん!!って。

 

もう少し放っておいてほしいですよね。ゆっくりしたいです。

 

IMG_2164

 

 

しかしなんでこんな嬉しんだろう?

 

なんでこんなにお父さんとくっつきたいんだろう?

 

IMG_2224

 

 

IMG_2227

 

 

写真を見てるとつくづくそう思っちゃいますよね。

 

男の子なのにこんなお父さん子でいいのかなぁなんて、少し将来を不安に感じちゃいますよね。

 

IMG_2161

 

いやーイイ写真だな。

 

「親子愛」がテーマのコンテストでもあったら、応募しようかな〜。絶対優勝しちゃうもんなぁ。

 

 

あーしかし喜んでる。

 

ほんと嬉しそうだな〜。何がこんなに嬉しいんだろう。

 

 

喜んでるな〜

 

IMG_2225

 

 

それではお父さん好きの三男に愛を込めて

勝野太一朗

 

 

しかし嬉しそうだなぁ

IMG_2164

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. お、おう・・・
  2. いや、100㌫全開だよ。
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  5. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    お、おう・・・

    いつもブログを読んで頂きありがとうございます。美容室と鉄板焼き…

  2. 育児奮闘記

    ランドセルが届いたんだ。

    6月に注文していた長男のランドセルが届いたんです。…

  3. 僕の戯言

    お客様の言葉ってマジでパワーもらえる。

    うちの飲食部門鉄板ダイニングH…

  4. 僕の戯言

    全然カッコ良くないからな・・・

    うーんと無いな・・・&…

  5. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。

    世の中には人気のある美容師さんと、そうでない美容師…

  6. 僕の戯言

    息子のラブレターが直球過ぎてひいた件

    うちのお調子者長男がどうやら好きな人がいるみたいな…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    【二人のダイキ】「他業種に学」の会に行って思った事
  2. 育児奮闘記

    メキメキと成長している息子たちを見て
  3. 社員ネタ

    未来会議を続ける理由
  4. 僕の戯言

    どーでもいい事山の如し
  5. 僕の戯言

    何を買うかじゃなくて「誰から」買うか
PAGE TOP