僕の戯言

自ら掃除をする人は謙虚な人が多い

 

会社や自宅で自ら気付いて掃除とかしていますか??

 

掃除をよくする人っていわゆる「気づく人」なんですよね。気づいていてもやらない人は放っておいて、今日は自ら掃除をする人とはどんな人か、どんな人になるのかを検証していきます。

 

 

 

1. 謙虚な人になれる 

人間はどんなに才能があっても傲慢な人は人を幸せにできない。謙虚さは大事ですよね。トイレ掃除などを行うと謙虚な人になれるんです。

 

IMG_0781

 

 

 

2.気づく人になれる 

世の中成功する人としない人の違いで「無駄を見極める」って凄く重要なポイントだと思うんですよね。気づく人ってそんな無駄を見極められる人だと思います。

 

IMG_0782

 

 

 

3.感動の心を育む 

利己的ではないんですよね。人の為にその行為を行う事がどれほどモチベーションになり、人が感動する事によって自分も感動する。その感動感覚が優れていて自然にできるんですよね。人が喜ぶ事が。

 

IMG_0783

 

 

 

 

トイレから出て来ないから見てみるとビックリしたよ。

いきなりトイレ掃除を始めてるんですもん。

 

おトイレが自分で出来るようになったは良いけど、まだ方向が定まらないみたいです。これは男性にしかわからないと思うのですが、狙いを間違えるととんでもない方向にたまに行きますよね?

 

彼はまだ全然コントロール出来ていないんです。

 

だからせっかくトイレでするのに、失敗バージョンは「そこでお漏らし状態」になっちゃてるんですよね。それで毎回「いい?こう持つんだよ!」って説明してもなかなか難しいみたいです。

 

でも自分でお掃除して次の人の為の事を考えておくっていうのはいい事なので、プラスマイナスゼロですね。

 

ただせめてズボンは上げてからでいいからね。半分お尻出たままで掃除しなくていいからね。

 

 

IMG_0780

 

 

さぁ保育園も入った事だし、トイレトレーニングも終盤を迎え、掃除も覚えてきた。

 

 

これならいよいよジェイソールブラザーズに入れてもらえそうだな!!「しゅん。おちっこできる」ってヒロさんに報告しような!

 

それでは謙虚な男に愛を込めて

IMG_0785

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  2. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  3. とにかく楽しすぎる私の日常
  4. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  5. 苦しい時こそ

関連記事

  1. 僕の戯言

    ついに解禁しました。

    ついに解禁したんです。もう僕のブログを読んで頂いている方はわか…

  2. 僕の戯言

    こ、このポーズはもしや・・・

    ・・・・・・・・・・&…

  3. 僕の戯言

    大切な場所で僕がスベる理由

    どーもー!鉄板焼きと美容室のシャチョー兼キャンパーの僕です。み…

  4. 僕の戯言

    素敵な人たちに囲まれてるってしみじみ感じた件

    やっぱりSNSって素晴らしいなって改めて思いますね…

  5. 僕の戯言

    HOKUHOKUが2周年を迎えたのだ!【祝】

    お陰様で本日でホクホクが2周年を迎えました。…

  6. 僕の戯言

    ホームページの写真はこれで正解でしょうか?

    火曜日の定例会議後にホームページ用の個人写真の撮影をしたんです。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    子供の頃に大好きだった「秘密基地」を作ってみた。
  2. 僕の戯言

    嵐山渓谷に行って来たんだ。
  3. 僕の戯言

    部下が自分の話を聞いてくれない人
  4. 僕の戯言

    僕のどうでもいい生い立ちの話
  5. 僕の戯言

    苦しい時こそ
PAGE TOP