僕の戯言

認め合える兄弟になる為に親がすべき事

うん。いい兄貴だ。

 

 

だいぶいい兄貴を演出中だ。

 

 

お父さんも安心だ。

IMG_9284

 

 

 

「ジンにおみじゅあげる(仁にお水をあげる)」

IMG_9283

 

何かを思いついた様に彼は急に立ち上がり、泣いている弟をあやす事を始めた。

なぜなら、そう、

 

母親が外出中だから。

 

そう。うちの子達は「親父だけの時は兄弟でやっていこう感」がハンパなく出やがる。

楽でいい。俺は楽でいいのだが何故だろう?

まぁ別に俺も一人でなんでも出来るからいいけど・・・(笑)

 

兄弟の中の立ち位置で、人格形成やその後の人生が変わってくる

さてうちでは3兄弟がいるわけですが、お互いを認め合ってリスペクトし合える兄弟関係を育む為に親はどのように子供達と向き合うべきなのか。

 

1番目の子供は親の過度な期待を受けがちだったり、下の子が生まれると突然「お兄ちゃん・お姉ちゃん」とかいう役割になっていくんです。何かあれば

 

「お兄ちゃなんだから」

 

「お姉ちゃんなのにそんな事して」

 

って言われる。この言い方って僕ちょっと違う気がするんですよね。

だってこんな言い方されてやる気でます?

 

「お兄ちゃんだからしょうがない」

 って絶対ならないですよね。

 

「一番上で良かった」って思わせないと

 

一番上はなかなか大変だなぁってよく思います。

 

実際親としてもなんでも初めて経験するのは「長男長女」であって、ハイハイや歩く事、入園や入学などどれをとっても一番上の子に対してが、一番全力でやっている気がするんです。親も未経験な分。
だから「お兄ちゃんにはこうあってほしい」がある時は本人のプライドを大切にしてあげる事が大切だと思います。

IMG_9223

 

 

兄弟なんだからみんな平等!なわけない。

 

そんなわけないですよね。平等でいいわけない。仮にそういう事言ったとして親は絶対に「お兄ちゃんなんだから」は言ってはいけないですよね。
もうその言葉自体が平等じゃないんだから。

 

だから子供を褒めたり叱ったりする時は「兄貴」としてではなく一人の人として褒めたり叱ったりした方がいいですよね。

 

兄弟ゲンカをしていても親が成敗しない方がいいですよね。
「年上だから」は親の見方であって子供は自分を認めてほしいだけですからね。親が裁かないほうがいい。
 

子供は平等に見られる事より個性を認めてもらいたいはず

 

同じ血を引いて同じ環境で育っているのに、まったく違うのが個性。

っていうか人間。当たり前ですよね。

だから兄貴だからとか、弟のくせにとかじゃなくて親が子供を一人の人間として向き合ってあげる事が、兄弟が認め合う第一歩なんではないでしょうかね。

 

ちなみに、もう水いらないってなってるのにそうとう無理やり飲ませてて溺れそうでした。

IMG_9286

IMG_9285

 

それではブラザーズに愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. ミクロコロンコロンのお食事事情
  2. お、おう・・・
  3. KFC始動したぜ!!
  4. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  5. 彼が【男泣き】をした理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    楽しい楽しいBBQ

    はい!やってきました!毎年恒例のビッグイベントBBQ!…

  2. 僕の戯言

    酔っ払い上司にはこう対処した方がいい

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです!2週間くらい前の話…

  3. 僕の戯言

    【こたつ】があるとみんなダラける説

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。先…

  4. 僕の戯言

    写真見返すと子供より楽しそうでひく件

    何事も全力で楽しくをモットーとしている僕のお話です。写真を見返…

  5. 僕の戯言

    まずは1ヶ月、頑張った新人へ僕が思う事

    早いもので5月も半ばとなりましたね。どんな職種でもどの企業でも…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    僕はこうやって子供からの票を集めてきた。
  2. 僕の戯言

    どこかのバイク好きなおじさんかと思ったら息子だった
  3. 僕の戯言

    「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 育児奮闘記

    初カップラーメンを食べてみて。
  5. 僕の戯言

    問題解決能力よりも先に「問題発見能力」を。
PAGE TOP