育児奮闘記

雨の日散歩

 

休みの日に雨なんてタイミング悪いなぁって毎週火曜日に思ってる気がするんですけど、実際そんな事はなくてただ自分の休みの日だから印象強く残ってるだけなんですよね。

 

その日は雨っていうか台風が上陸なんて言われていた日で、雨は降ったり止んだり、風は強いみたいな変な天気だったんです。

 

まぁそんな事もお構いなしにコンビニに行こうと思ったら、上の2人が「僕も行くー!僕もーー!」なんて言うんで車で連れて行こうと思ったら雨だから歩いて行きたいってバカみたいな事言うので一緒にバカをしました。

 

IMG_4872

 

 

 

雨の日もみんなで歩けば楽しい!!

 

なーんて事はあるわけもなく、次男は傘を差しながらフラフラしてるので、それを長男が「危ないからお兄ちゃんと一緒にいて!」って言いながら二人でくっついてるので余計に危ないなって気にしながら歩くんです。

 

IMG_4875

 

まぁ兄弟愛を見せつけられながらコンビニまでの道のりを歩くわけですけど、子供達は楽しそうでいいですよね。

 

大人はこんな小雨な感じで蒸し暑く風も強いって大嫌いですけど、子供は楽しそう。

 

IMG_4876

 

普段はそんなに歩いてコンビニ行くって事もないですけど、たまーにこうやって歩いてみると、普段とは違う景色が見れて悪くはないですね。

 

IMG_4874

 

コンビニの後には冒険と称してワザと細い道を選んで歩くっていう意味のわからない事をしていたら、子供達は異常にテンションが上がり、スーパーまで行きたいって言い出したので帰りにスーパー寄りました。

 

ただ好きな物を買ったは良いんですけど、そこは袋がなく自分でエエコバックを持っていかないといけないスーパーだったのを忘れて「2Lのお茶6本入り1ケース」「2Lのファンタ」「2Lのオレンジジュース」「氷」「お菓子」を買ったために帰りは大変な事になりました。

 

でも頼もしくなった。

 

お店で貰った段ボールに自分たちのジュース入れて長男は持ってくれた。

 

IMG_4879

 

IMG_4878

 

次男はコンビニで買ったお菓子をお姉さん歩きで持ってくれた。

 

IMG_4877

 

いや、むしろ後ろ姿がおばさんにしか見えない荷物の持ち方で持ってくれた。

 

IMG_4880

 

 

この上記の写真を撮影している時、僕は2Lのお茶1ケースを肩に担いで撮影していた為、肩が取れるかと思った。

 

何もないただの散歩だったのに思わぬ所で、子供達の成長を感じる事が出来た台風の過ぎ去ったある午前中のお話。

 

 

それではブラザーズに愛を込めて

勝野太一朗

IMG_4875


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  2. 苦しい時こそ
  3. 親が結婚35周年だったんだ。
  4. ミクロコロンコロンのお食事事情
  5. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!

関連記事

  1. 育児奮闘記

    2歳児ギャングの苦悩

    ジーーーーーーーっ。。。…

  2. 育児奮闘記

    どうしてもお兄さん振りたいんだ。

    おさななじみ。平仮名だと大変読みずらい幼馴染。…

  3. 僕の戯言

    「仕事と育児」時間がないのはどっち?

    今日は「仕事」と「育児」どちらが時間が無いかを僕なりの見解でお話を。…

  4. 僕の戯言

    「イクメン」って言う言葉が嫌い

    何回も言っているお話ですが僕は「イクメン」って言う言葉が嫌いなんです。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    父と母
  2. 社員ネタ

    ゴールデンコンビの苦悩
  3. 僕の戯言

    自分の妹と親友が結婚した事について「どうなの?」って聞かれるので。
  4. 僕の戯言

    鴨川シーワルドに行ってきたんだ。
  5. 僕の戯言

    目的も無く独立をしようとする人
PAGE TOP