僕の戯言

子供特有の【無限ループ系】の遊びの攻略法

 

ジーーーーーーーーーー・・・・

 

 

 

 

ジーーーーーーーー・・

 

 

 

 

IMG_1154

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

始まってる。また意味不明な遊びが始まってる。

 

だれか止めて欲しい。こういう時の対処が未だに僕はわからない。3人の男の子を育てているのにこういう時の正解がいまだに見つけられずにいる。

 

 

 

IMG_1156

 

 

これはいつ終わるんだろう。って冷静になって考えてやっと辿り着いた答えがあったんですけど

 

 

 

 

終わらない・・・

 

 

 

 

 

IMG_1157

 

 

 

「無限ループ系」発動条件

お子さんがいらっしゃる方はわかると思んですけど、「何が楽しいの?」って遊び結構ありますよね。何が楽しいっていうか「着地点どこ?」っていう遊び。

 

敵がいて戦いごっこをしている時は、基本的に敵がやられれば一回一区切り。どうせまたすぐ敵が都合よく生き返るだろうけど一区切りはつく。

 

パズルなんかもそう。なんかいでもやり直すかもしれないけど、一回完成させればとりあえず一区切り。

 

そうだな?家だったら粘土遊びもそうかなぁ?なにか作っていてとりあえずその形になったら一区切り。

 

だから「名前のつく遊び」は基本的に終わりがあるんです。

 

言葉で説明できない遊びが始まった時、それは同時に無限ループ(終わりの見えない)の始まりなのです。

 

IMG_1154

 

 

この時もゴリラの真似をしてるのか、僕がそう見えてしまっているのか分かりませんが、とにかくゴリラ風だったんです。

 

それで「お父さん見てー」が始まって無限ループを察知した僕が無理やり終わらそうと

 

 

「おっ!!かっこいいじゃん!!」

 

「最後はどうやってやるの?」

 

 

って最後を聞いてしまうっていう裏技を使ったんです。要は「終わりを思い描かせればいい」って凄いかっこいい感じに考えたんですね。

 

 

そしたら次男は「さいご??」

 

 

こう!!!!!

 

 

 

IMG_1155

 

 

「おーーー!!それ最後のポーズか!!」

 

 

「かっこいいじゃん!!」

 

 

って必要以上に持ち上げて僕が見てるテレビの前から退いてもらおう。

 

しかも最後の決めポーズしたからこれはついに無限ループ系攻略か!?

 

 

 

IMG_1155

 

 

 

 

 

IMG_1157

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1156

 

IMG_1154

 

 

 

 

だめだ。抜けられねぇや。

 

 

 

 

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗

 


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. 親が結婚35周年だったんだ。
  3. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. 父親としての子供との時間
  5. 「フォッコ」と「きゅうり」

関連記事

  1. 僕の戯言

    なんかこの写真見てたら仕事したくなくなってきた

    何なんだろうこの光景。凄い休日感が満載な映…

  2. 育児奮闘記

    どうしてそうなった!?息子のカルタが右斜め上に行き過ぎてひく。

    勝野家長男 蓮ノ介  通称お調子者特徴 もうすぐ小学校に上がる…

  3. 僕の戯言

    もって生まれた「ダラけきる事が正義」な男

    こんなにもダラダラしてしまうものなのですか?…

  4. 僕の戯言

    全力朝礼

    どの会社でも朝礼って行っていると思うのですが、朝の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    大切な時間を無駄にしない
  2. 僕の戯言

    笑わない店員さん・・・
  3. 僕の戯言

    昔は彼女に電話する時、「お父さんが出ませんように」だった件
  4. 僕の戯言

    親が結婚35周年だったんだ。
  5. 僕の戯言

    BBQ場にカールのおじさんがいると思ったら自分の息子だった件
PAGE TOP