僕の戯言

知ってました?「魔の2歳児」って世界共通用語なんです。

 

すごいシュール。

 

すごーーーくシュールな風景画になってるな。

 

 

IMG_9542

 

どうやら本人は帰りたくないらしい。

 

しかしシュールだ。

引いてみるとさらに良い感じの絵になる。

 

 

IMG_9541

 

魔の2歳児 〜第一次反抗期〜

まぁなんでもイヤイヤする時期ってありますよね。一般的には1〜3歳くらいなんですかね?

親としてみればそんなに騒ぎ立てる程の事ではなく、うまく対処すれば問題ないのですが、対処を間違えると結構大変なんですよね。

 

その子供によって程度も違いますし、何回か言い聞かせればわかる子もいれば、100回言ったって無理な子もいる。

いずれにしても子供の成長過程では必要な事ですし、親も叱り方や伝え方をこの時に勉強するんですよね。

 

面倒臭いからって安易に接してしまうと

 

「意思=反抗=悪いこと」

 

みたいに全部一緒になっちゃって意見を言えない子になってしまいますよね。

 

それって本当にただの「わがまま」??

多分違いますよね。

ただのわがままじゃない。だって

 

こんなに楽しそうに首まで無くして全然動きがないブランコで目一杯の笑顔で遊んでいたいた男が

IMG_9537

 

 

30分後にはコウ!

IMG_9542

 

 

普通ブランコでそこまで喜べるのかっていう顔で、顔がデカすぎて首が全然見えなくなっちゃうハプニングがあっても笑顔全力で遊んでいた男が

IMG_9539

 

 

これまでの間に何が起こったのかコウ!

IMG_9542

 

これはまぁ見てわかる通り帰りたくないんですけど、でもこれは彼なりの意思表示ですよね。

2歳くらいからは、欲しいもの見つけては「欲しい欲しい!」とだだコネたり、大きな声出したり。

色々な事が彼らの中で出来るようになるんですよね。

 

見方を変えれば「何かをしたい」は自主性と表現力

凄いポジティブな見方ですけど、「欲しい」「遊びたい」は間違いなく本人の意欲で、意欲が無いとスポーツや勉強だって伸びないですよね。

だから

 

「親たちの思い通りにいかない」=「わがままな子」

にはしない方が良いですよね。

 

 

とは言うものの全てを聞いている場合じゃないし、そんなに人生甘くない。

これ気をつけないといけないのが、

「全てがお前の思い通りになるなんて事はこの先ずっとない」(笑)くらいを強く教えてあげるのも親の役目ですよね。

だって社会は家族よりよっぽど厳しいです。親は絶対に子供の事は見捨てないです。

仮に彼があのまま公園に座っていても、置いてそのまま帰って来ちゃうは2歳児には絶対しないですよね。

 

だから親はそのバランスを取りつつ、接していかないとダメですよね。ちなみにうちは僕がいる時は恐怖政治に近いですね(笑)フザけた態度を取ろうもんならマジで・・・な感じです。

 

まぁ社会に出て揉まれる前に、しっかりと自立して生きていける様に力を付けさせて、送り出してあげたいですね。

だって「なんでもかんでも自分の思い通りになる事なんてない」んですからね(笑)

 

そんな事も楽しみながら彼らと付き合っていきたいです。

それでは首なしに愛を込めて

勝野太一朗

IMG_9538

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。
  2. 彼が【男泣き】をした理由
  3. 「フォッコ」と「きゅうり」
  4. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  5. ミクロコロンコロンのお食事事情

関連記事

  1. 僕の戯言

    何でも「真似」から始めてみよう

    仕事でもなんでもそうですけど、「真似」って大事ですよね。他の会…

  2. 僕の戯言

    父親が一人で子供を見る時の「凄い良い子だったよ」は間違え

    どの家庭でもあると思いますが、たまに半日、1日育児…

  3. 僕の戯言

    えーーっと・・違う!やっぱそれ違うっ!!

    子供連れて1日買い物してって動き回ってると、結構疲…

  4. 僕の戯言

    大切な場所で僕がスベる理由

    どーもー!鉄板焼きと美容室のシャチョー兼キャンパーの僕です。み…

  5. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。

    世の中には人気のある美容師さんと、そうでない美容師…

  6. 僕の戯言

    季節ごとのイベントってやっぱり大事だなって件

    うちの会社では季節ごとにそのイベントを楽しんでお客…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    ただひたすら我武者羅に。
  2. 僕の戯言

    結局のところチームに必要なのは「信頼」だから
  3. 僕の戯言

    不思議な子だけど芯がある
  4. 育児奮闘記

    どうしてもお兄さん振りたいんだ。
  5. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。
PAGE TOP