僕の戯言

親が子供にさせたい事と子供がしたい事は多分違うと思う件

一人遊びの天才がいるんです。

体格に似合わずなぜか細かい遊びが好きな男がいるんです。

 

何なのでしょう?

なぜそんな事が起きてしまうのでしょう。

 

この日も出かける前に各自が準備をしていたんですね。それで僕の準備が終わったから子供たちを見ようと声を掛けたんです。

 

僕「蓮!終わったかーー?」

長男「終わってるよー」

 

僕「隼はーー?終わったー?」

 

・・・・・

 

僕「しゅーーーーん!」

僕「しゅんのすけーーー!」

 

 

 

・・・・・

 

 

 

いた・・・・・

IMG_9606

 

 

アンパンマンのやつでお勉強中

一応準備は終わってると。

ただ何故そこにいる?なぜそこ?

秘密基地的な感じのやつ?

IMG_9607

 

 

「隼!行く準備オッケー??」

 

 

・・・・

 

 

IMG_9605

 

なにそのすました顔(笑)

なんか腹たつな。

 

 

親が「させたい事」じゃなくて、子供が「やりたいこと」

なんかイメージ的には長男がこういうの好きで、次男はただ暴れるみたいなイメージがあるんです。

でも実際は違くて長男は「戦隊ごっこ」とか「とにかく公園」とかで遊びたいんですけど、次男はパズルやミニカーで遊んだりするのが結構好きなんですよね。

 

パズルなんて2歳なのに6歳用のとかが出来ちゃうんです。

何が得意か何が好きかなんて親が決める事じゃなくて、子供がやりたい事をやらせるのが一番いいですよね。

 

もちろん、親がサポートをしていくわけなので、本人の「やりたい」を一緒になって見つけてあげなければいけないと思います。その為には習い事もなんでもそうですが、親が見つけて「体験させてみる」は凄く大事です。

 

でもそれは一緒に探してあげるだけであって、親がこうあってほしいを押し付けるのは違いますよね。

子供は親の所有物じゃないですから。それは親の責任とは違います。

 

「俺が野球やっていたから、子供にも野球をやらせたい」気持ちはわかりますけど、実際にやらせてみて本人がやっぱサッカーやりたいって言ってるのに「お前は野球だ」は意味わかんないです。

 

だからあり方としては、本人のやりたいが見つかるまでは、一緒に探してあげる事が大事だと思います。

 

僕の友達でも中学までずっと野球をやっていて奴がいて、自分の子供にも野球をやらせたんですけど、結局サッカーで落ち着いたみたいです。その友達も一緒になってサッカーのコーチしたりしてハマってるみたいで楽しそうです。

 

親としては子供の無限の可能性を信じて、全力でサポートしていきたいです。

 

それでは顔が四角に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. ミクロコロンコロンのお食事事情
  2. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  3. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?
  4. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  5. とにかく楽しすぎる私の日常

関連記事

  1. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性

    ・・・・・・・・・&n…

  2. 僕の戯言

    「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼3児のパパです。今日は…

  3. 僕の戯言

    地域の中学生の職場体験

    毎年秋に中学校から職場体験の依頼があるんです。…

  4. 僕の戯言

    親父としてその事だけはツッコマずにはいられない。

    うちの長男はこの春に保育園の年長になるんです。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    このスポーツやってほしいとかはただの親のエゴ。
  2. 僕の戯言

    今日誕生日迎えた櫻井氏に捧げるメッセージ
  3. 僕の戯言

    こたつの「天板」をDIYで作る
  4. 僕の戯言

    右肩上がり
  5. 僕の戯言

    なんかあっという間だなぁってつくづく思う事
PAGE TOP