育児奮闘記

歯磨き上手だね。でもおじさんみたいだね。

子供がいると歯磨きを嫌がるって事で悩んでる親御さんは多いのではないでしょうか?

うちは比較的に嫌がらずやっている方だと思います。

まぁ「面倒臭い」くらいは思ってると思いますが、妻がその辺は厳しいので有無は言ってる場合じゃないみたいです。

 

「楽しく」が基本です。

子供に何かをさせるにあたって絶対的に必要な要素は楽しくです。

なんでもそう。ご飯も着替えも寝る事も歯磨きも。その事柄の意味を理解して必要だからなんて考えるのは5、6歳からですよね。

体に良いからこれを食べなさいも、今思えば自分で健康の為に野菜も摂ろうとか思いますけど、子供の時は美味しいか、楽しいか、そんな事くらいしか気にしないです。

ラジオ体操とかも体を動かす事を目的としてる体操でも、今あれをすると「ここ伸びてるなぁー」ってなりますけど、子供の時にあれをさせる必要ない。もっと別の方法で沢山楽しく体を動かしてますし。

だから歯磨きも楽しくやると勝手にやりますよね。

僕が歯磨きをしている姿とかを長男も次男もめちゃくちゃ真剣に見てますよね。

大人の歯磨きの仕方っていう、カッコイイ仕草をワザとらしくして(単にカッコつけるだけ)子供の前でやると、彼らもやってみたりするんですよね。

だから次男は僕のルーティーン(そんなカッコイイものじゃないけど)の真似をして、朝起きて洗面台に行って、歯を磨いて顔を洗って、髪の毛を全部濡らすっていうのをやるんですよね。

まぁ次男の場合は中央しか濡れないし、ビショビショのままリビングにさっぱり顏で向かうので、妻にスーパー怒られてますけどね。

でも親が楽しい事なんだって思わせて子供にさせるのは大事な事です。

ジャージ着て腕まくりしてただのおっさんみたいですけど・・

とにかくこのくらいの時期はある程度は好きなようにさせて、仕上げだけしっかりやってあげればいいんでないでしょうか?

子供の習慣にはまずは楽しさを。

 

それではおじさんな次男に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. とにかく楽しすぎる私の日常
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. 彼が【男泣き】をした理由
  4. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  5. いや、100㌫全開だよ。

関連記事

  1. 育児奮闘記

    急にアプリが本気出してきてビビった話

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼、筋トレにハマっている男です。…

  2. 僕の戯言

    違う!そうじゃない!どうしてそうなったw

    前にもお話しした通りうちの長男が「お勉強」にハマっ…

  3. 僕の戯言

    日本人としての礼儀と行儀を忘れてはいけない。

    親として子供に絶対教えておかなければいけない事。それは礼儀と行…

  4. 僕の戯言

    肉を喰らえ!!肉を食らうんだっ!!!

    よーしよし。いいぞいいぞ。喰らえ。喰らうんだ。男なら肉を食え。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    歯磨き上手だね。でもおじさんみたいだね。
  2. 育児奮闘記

    今日で7歳になる君へ
  3. 僕の戯言

    あなたがお客様から選ばれる理由
  4. 育児奮闘記

    しゅん・・・一回落ち着こう。それちょっと怖い・・・
  5. 僕の戯言

    僕の専属整備士。その名も「あつしすずき」
PAGE TOP