僕の戯言

沢山の経験が彼を成長させてくれる。鼻の穴デカイけど。

どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。

いよいよ12月に入り世の中も少しづつ慌ただしくなって来ましたね。この感じの空気が最高です。そして彼の調子も次第にどんどん上がって来ましたよ。

 

どんどん成長していくね。

あなたを見ていてそう思う。ついこの前に小学校の入学式があったと思ったら、あと4ヶ月でもう2年生。友達出来るかな?学校に1人で行けるかな?そんな事を悩んでいたのが懐かしい。

親の心配はよそに、彼なりに彼の生活や学校での自分がしっかりと確立されて来て、なかなか楽しんでいる様です。

くだらない事で怒られて不貞腐れてたと思えば、空気を察してお手伝いを始めたり

何でもかんでも怖いだの何だの言ってたかと思えば、急に自分の部屋で1人で寝る様になったりと、甘えたい部分とお兄さんになってくる部分の間をウロウロしている感じですかね。

まぁ、長兄っていうのはわがままに育つもんだと思いつつも、長男だからって我慢させたり損している部分も結構あるのかな?なんて考えると、普段のワガママも可愛く見えたりするもんです。

明らかに他の兄弟とは違う責任感を持ち、それ故に思い通りにならないと腹も立つ。よくわかるんですけど、親としてもその瞬間しか見ていない時もあるので、彼も彼なりに色々大変なのかとw冷静になって振り返れば

 

沢山の経験が彼を成長させてくれる

良く言えばだいぶ乙女チック。悪く言えば男のくせにって言うワードが文頭に来てしまう彼の行動は「大丈夫かな?」なんてたまにイライラしながら見ていたのですが、小学生に入り結構変わりましたね。

学校と言う社会の中で仲間と生活し、空手やサッカーで世の中の常識や協調生を覚え、その中での自己主張を学ぶ。

ふとした瞬間に彼の成長を感じることが出来るんです。

だから時折、マジで本気で張り倒そうって思う時もありますけど張り倒してる、彼を信じて彼が自分で幸せを掴んでしっかり歩んで行ける様にサポートしていきたいなって思います。

ただ本当にお調子者でお調子者で。

もう最近では普通に写真も撮らせてくれない。

ピースでニコッってして!って言ってるのに

 

 

 

あいつは・・・

 

 

 

いや、マジで。ちょっと使うものがあるから、普通の笑顔で。

 

 

 

もういいや。年賀状の写真もお前はそれにしてやるよ。

 

 

 

それでは蓮さんに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 彼は貝になりたいわけじゃない
  2. KFC始動したぜ!!
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 育児奮闘記

    どうしてもお兄さん振りたいんだ。

    おさななじみ。平仮名だと大変読みずらい幼馴染。…

  2. 僕の戯言

    【こたつ】があるとみんなダラける説

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。先…

  3. 僕の戯言

    昔は彼女に電話する時、「お父さんが出ませんように」だった件

    これはお客様の予約の電話を取っている顔なんですけど、お客様気をつけてく…

  4. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性

    ・・・・・・・・・&n…

  5. 育児奮闘記

    大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。

    おはようございます!今日は月に一度の定例会議の為6時前の起床し頭をスッ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    うちの三男坊はこんな感じです。
  2. 育児奮闘記

    一歳児コンビ 〜大親友と認めて2017年〜
  3. 育児奮闘記

    えっっっと…違うな・・・
  4. 僕の戯言

    花見したんだけど、花見の前の辛い出来事を報告する
  5. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性
PAGE TOP