僕の戯言

お、おう・・・

夏に向けて体を絞ろうとしているのですが、明らかに以前より体重が落ちにくくなったり、筋肉が付きにくくなっている事を実感している今年で36歳になる美容室と鉄板焼きのシャチョーです。

明らかにね・・・前より大変です。

まぁそんな話は置いといて、今日は子供を叱ったりする時の温度のお話を少し。

 

緊張と緩和

大人の世界でもよくある事です。緊張感漂う空気の中で転んでしまうとか、大きな声で真剣に怒っている上司の顔にハエが止まっちゃうとか、笑っちゃいけない場面こそ、そういう事が起きたり目がいったりするもんです。

親である以上は、腹のなかはそこまで本気で怒りに満ちていなくても、本気のトーンで叱らなければいけない事って結構あります。

この前もあまりにも部屋の片付けをしなくて妻に叱られていたのですが、どこ吹く風と話半分で聞いているので

 

おいっ!!!

 

って言ったんですね。

勝野家ではオヤジの恐怖パワーは絶大なので、シャキシャキ動き出すわけです。

それでも遊びながら部屋の片付けをして、明らかに途中から遊び出している声が聞こえるんです。

僕もだんだん本気で腹が立ってきて「マジで良い加減にしろよ。」のトーンで子供部屋に向かおうとしたら、うちの2番目の男。そう、ミクロコロンコロンが謎のお面というか何というかをかぶって1人で遊びながら掃除してるんです。

笑っちゃいけないんですけどね。

笑ったらもうその叱りは無しにしなきゃ格好つかないので、笑うのだけは無しなんですけど。

シュールすぎて笑いました。

 

 

 

 

 

これですよ?

これで叱られている最中に1人で掃除しているんですよ?

 

 

しかも裏側はただの頭ですよ?

この時代に2Dもいいとこで、昔で言うお坊っちゃま君に出てくる貧坊っちゃまみたいなんですよ?

 

しかも面白いから彼を呼んで写真撮ってたら、さっきまで叱られていたから本気で笑っていいかわからない顔してるんですよ?

 

もう笑ってしまったのでお怒りモードは解除され、部屋が汚い事よりその身につけている何かが気になったので、その何かについて説明してもらう事にしました。

しっかり説明責任を果たせと。

そしたら聞くとこによると、保育園のお遊戯で使う予定だった「お豆戦隊」の黒豆レンジャーのお面だったそうです。

彼はインフルか胃腸炎で欠席したので、カブリたかったんですかね。

 

そんなこんなのお豆戦隊のお話。

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 父親としての子供との時間
  2. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  3. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  4. なんか感慨深いものがあった入学式
  5. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?

関連記事

  1. 僕の戯言

    自ら掃除をする人は謙虚な人が多い

    会社や自宅で自ら気付いて掃除とかしていますか??…

  2. 僕の戯言

    「孫は別格」としか思えない

    今年から導入された我が家のコタツ。居心地が良すぎて自分のベッドが何処な…

  3. 僕の戯言

    お父さん大好きっ子

    凄い喜んでるな。たぶんお父さんの事大好きで仕方ないんだろうな。…

  4. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!

    どーもー!美容室と鉄板焼きの社長兼キャンパーの僕です。昨日です…

  5. 僕の戯言

    「自分の為に怒る。相手の為に叱る。」が多分正しい。

    「叱る」と「怒る」の違いってわかりますか?…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    えーーーっと・・トイレトレーニングの極意!!
  2. 僕の戯言

    【こたつ】があるとみんなダラける説
  3. 僕の戯言

    お見事!マラソン大会でも1位。
  4. 僕の戯言

    雨にも負けなかった僕たちのハロウィン
  5. 育児奮闘記

    彼は貝になりたいわけじゃない
PAGE TOP