育児奮闘記

風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン

特技 僕たちの世代に流行っていた「地獄先生ぬーべー」を鑑賞しぬーべーのモノマネする事。

*手が逆でしたね

 

「おねちゅ(お熱)発動」

そんな次男がお熱を出しました。まぁ子供なら季節の変わり目ではよくある事です。ただ彼の演技力に毎回感心するんです。

この日も親の僕たちが心配し出したら、突如として具合悪い感がマックスになったんです。

さっきまで走り回っていたのに、なんだか彼を触ると少しだけ熱かったんです。少しだけですよ?

それで「ん?ちょっと熱いかな?熱計ってみる?」って言って熱を計った瞬間にこの顔です。

数分前まで走り回っていたんですよ?笑顔で走り回っていたのに、試しに熱計ったらこうなりました。妻と話していたんです。熱を計ったのは完全に失敗だねって。

だって熱何度あると思います?

子供は結構熱に強いんですよ。昔からお医者さんも「38度くらいでも本人が元気な大丈夫」って言ってるくらい、子供の熱って普通の事で、尚更風邪くらいなら気にしなくていいわけです。

さて、それで彼の体温ですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

微熱もいいとこです。

 

 

 

いや、下手したら平熱なんじゃないかな?夕方の子供の体温はこれくらいなんじゃないかな?子供は37.5度越えると微熱認定なので、もしかして全く調子悪くないんじゃないかな?

 

 

まぁ喉が痛いことは本当みたいですが、このダルさ感マックスは多分甘えたいだけ。

なぜなら熱の人は僕が異常に甘くなるから。いつでも抱っこしてあげるし、好きなテレビを優先的に見せたり、至れり尽くせりなわけです。だから長男も熱があるってわかると「よっしゃー」って間違えて言っちゃうんです。

その証拠に僕が「じゃあ今日はお父さんが抱っこして、ベッドまで連れて行くか!」って言ったら

 

 

 

 

めっちゃ笑ってルーーー

 

 

 

 

とうとう笑いが出ちゃってルーーーーー

 

 

 

 

嬉しさ隠しきれないーーーーーーー

 

そんな可愛い次男の姿。

 

 

親の心配は子供に伝染する

何かの本で読んだことがあります。

親は子供に対して不安を見せないことが、子供がすくすく育つ秘訣って読んだことあるんです。

親の子供に対する不安や心配はもろに影響するって。

学校や保育園に入って「子供大丈夫かな?友達できるかな?」は、それが言葉になり、態度になり、そのまま子供に伝わってしまうんです。だから親はどっしり構えてるくらいが丁度いいんです。

今回は不注意による失敗ですw無意味に「調子悪いかな?」を煽った状況になりましたw

 

でも次の日には「お野菜は喉が痛くて食べれない」けど唐揚げは食べれるっていう奇跡の写真が妻から送られてきて、今回のミクロコロンコロンお熱騒動は幕を閉じました。

 

それでは白目な彼に愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 君を見ていると思うこと
  2. とにかく楽しすぎる私の日常
  3. お、おう・・・
  4. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  5. 彼が【男泣き】をした理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    それは「男らしさ」とは違うと思うんだ俺は・・・

    買い物行くと大体この人とペアを組むんです。…

  2. 僕の戯言

    ちょっwちょっと待てーーーーい!!

    ◼︎勝野家次男  通称 ミクロコロンコロン…

  3. 僕の戯言

    美味しいチャーシューの作り方

    まずはやっぱり紐で縛るんですよ。あれなんで…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    しゅん・・・一回落ち着こう。それちょっと怖い・・・
  2. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。
  3. 育児奮闘記

    子供の「食欲」じゃないやw「食育」について
  4. 僕の戯言

    自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  5. 僕の戯言

    大切な時間を無駄にしない
PAGE TOP