育児奮闘記

道着とおにぎりがこんなに似合う子供はいない

どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。

今日は徹底的におにぎりの話をしていきますね。

 

腹が減っては戦は出来ぬ。

時刻はPM9:30分・・・・・

戦が終わった後におにぎりを頬張っているんです。

 

空手が遅い時間の部だったので、夕飯を食べてから行かせたのですが、帰って来てお腹が空いちゃったのか妻がお風呂に入っている間に「お父ちゃん。オラお腹空いたぁ」って言うんでおにぎり作ってあげたんです。

 

もちろん長男も食べてます。

 

しかし似合うなぁって。

道着とおにぎりがこんなに似合う4歳児見た事ないですよ。

 

もうね。日本の象徴。ここまで来るとザ・日本!の何かで使ってもらえないかなぁって思ってるんです。

東京オリンピックの時とか映像で子供の写真を流す時に絶対にウケは良いと思うんですけどね。

おにぎりと道着と彼。

 

 

こんなに熱を注げるとは

サッカーは彼らが「やりたい」って言って発信して来たのでやらせたのですが、空手は僕が誘導していった感がかなり強いんです。

別に空手でなくても良いのですが、何かしらの武道は少し経験させたかったんですね。

これは完全に僕のエゴですね。だけど誘導して「やってみようかな?」ならやらせたかった。

合わなければやめれば良いし、他にもっとやりたい事があるならやれば良いって思っていたのですが、かなり楽しいみたいです。

特に彼

習い始めは「型」しかやらせてもらえなく、「組手」は防具も必要で基本的に参加は自由。

普通の型の練習後に組手をやりたい人は残ってさらにやるんです。

初めは「痛いし怖がりだからやらないかな?」って思ってたのですが、自分から急に「組手もやりたいから防具買って欲しい」って言われてやることにしました。

良いですね。足が痛てーとかどこが痛テーとか言ってますが楽しそうです。

時間も遅くなり、親も送り迎えが大変ですがやりたい事はできるだけやらせてあげたい。

そして何時だろうが腹が減ったらおにぎり食わせてやりてぇ。

そんな事を思った冬の始まり。

二人とも頑張ろうな!

 

それでは二人の男に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?
  2. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  3. いや、100㌫全開だよ。
  4. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 僕の戯言

    男3人で過ごしてみたんだけど【パパ飯はオムライス】

    先日、妻と三男が体調を崩し僕と長男と次男の男3人で…

  2. 育児奮闘記

    急にアプリが本気出してきてビビった話

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼、筋トレにハマっている男です。…

  3. 僕の戯言

    次男の苦労と主張【ミクロコロンコロン】

    どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。3兄…

  4. 僕の戯言

    押忍!空手道!押忍!!!

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです!子供の習い事って親…

  5. 育児奮闘記

    風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン特技 僕たちの世代に…

  6. 僕の戯言

    3歳ギャングのイヤイヤ期【パイの実事件】

    2〜3歳のお子さんがいる方なら誰でも経験あると思う…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    両親の結婚記念日にサプライズをしたのはいいけど。。。
  2. 僕の戯言

    起きて「1秒後に遊ぶ」が出来る子供はすごい。
  3. 育児奮闘記

    焼肉が嬉しすぎて笑いがとまらない件
  4. 僕の戯言

    新入社員に無意味に理解を示そうとする奴は自分にも甘い
  5. 僕の戯言

    何でも「真似」から始めてみよう
PAGE TOP