僕の戯言

ありのみコースに行ってきたんだ。

アスレチックに行ってきやした。

千葉県は市川市にある「ありのみコース」。柴又からは車で20分くらいで行けて、料金も子供は500円と程よく自然と触れ合いながら、子供を遊ばせるにはモッテコイの場所です。

IMG_7607

 

 

子供にとって大切なこと

自分の体を自分でコントロールして、力を入れたり限界を知ったり、痛みを知ったりって絶対に必要です。

子供の時にそういう経験を沢山している人としていない人では、大人になった時に色々な耐性に差が出たり、想像力とかにも大きな影響がある気がします。

だから出来るだけ子供の間は自然と触れ合わせる遊びをしてあげたいんです。

IMG_7633

だって僕がコントロールして遊びに連れて行くのも、小学生の間くらいですもんね。

それ以降は勝手にゲームセンター行ったり、カラオケ行ったり、ボーリング行ったりしますもんね。

だからなるべく幼少期は自然と触れ合わせる。そんな思いで子供と接しています。

IMG_7613

 

 

出来る限り「子供と遊ぶ時間」を。

実際に自分もあまり作れていません。週一回の休み以外はほとんど会えません。

だから子供がある事を知らない事を僕は知らなかったんです。

霜柱を知らないんです。まず家の周りに土があまり無いのかもしれません。それかそこまで気温が寒くならないか。

だからビックリしてました。

IMG_7628

まぁ僕も少し大きさにビックリしましたけど。

子供たちと公園に行ったり、アスレチックや動物園に行く。出来る限り親がしてあげた方がいいと思います。

もちろん家庭環境によって、なかなか皆んなで出かけたりが出来ない家庭もあります。

でももしただ家でゆっくりしたいからって言うしょうもない親の理由でどこも出掛けないなら、なるべく出掛けるべきです。

だってどうせ家にいても大した事しないんですから。

家でDVD観る、ゲームする、漫画読むとかどうでもいい時間は、子供が大きくなれば嫌でも出来ます。

でも子供と遊べる期間は有限です。限られています。ほんのちょっとです。

IMG_7626

だから出掛けましょう。

しょうもない事は子供が遊んでくれなくなってから、腐る程時間がある中でやればいいです。

男親なら仕事以外はそういう時間の使い方をした方がいいよなって、思いっきり僕の主観的意見を言わせて頂きやした。

 

それではありのみコースに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  2. 彼が【男泣き】をした理由
  3. 親が結婚35周年だったんだ。
  4. お、おう・・・
  5. いや、100㌫全開だよ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    自分だって若くてどうしようもない時はあった。

    「最近の若者は・・」って口癖のように言ってるおじさ…

  2. 僕の戯言

    「信頼関係」それが始まりであり全て

    経営はチームで行うもの。…

  3. 僕の戯言

    こういう人って成長できない典型的な例

    もうこの「太一ノート」で何冊目かな?たぶん7冊目。&nbs…

  4. 僕の戯言

    緊張×緊張=少し切りすぎ・・・

    先日の営業終了間際のお話。僕の髪は大体うち…

  5. 僕の戯言

    子供のお小遣いは定額制??

    さてみなさんのお家ではお子さんのお小遣いについ…

  6. 僕の戯言

    保育園の入園が決まって思う事【スーツのおじさん編】

    勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「親が楽しむこと」が子供を楽しませる秘訣
  2. 成果をあげる人は時間が制約要因である事を知っている。
  3. 今日で結婚して8年が経つんだ。
  4. メキメキと成長している息子たちを見て
  5. 夫婦で同じ趣味って素敵やん

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    加藤諒さんに失礼だけど、似てるのはちょっと嫌だ。
  2. 僕の戯言

    「おめでとう」をお願いします!
  3. 僕の戯言

    とにかく楽しすぎる私の日常
  4. 僕の戯言

    三番目の男は「度胸と愛嬌」に決定!
  5. 僕の戯言

    「かなりせりせり」
PAGE TOP