育児奮闘記

「兄弟なんだから平等」なわけないっ!

僕が考える定義です。

兄弟は絶対に平等じゃない。これは揺るぎない事実だと思っていますw

僕にも6歳離れた妹がいますが、比較的に仲は良い方だと思います。休日も妹夫婦と遊びに行ったりご飯行ったりと、月に2回くらいはそんなイベントがあるくらい仲良いです。

だけでも平等ではなかった。絶対に僕の方が権力があったw

そう思ってますし、妹もそう思ってるはずです。

 

お兄ちゃんなんだから!!

お姉さんなのに!みたいな言葉を一回でも言った時点で親は子供たちを平等として見てないですよね。

だって年上だからっていう理由だけで我慢させようとするわけじゃないですか?

一人の人として説教やアドバイスを送るのは良いと思うんですけど、「兄貴」「姉」「弟」「妹」なんだからって言ってる時点で平等では無いんです。

img_7508

だからうちではそもそも平等じゃないよって子供に伝えてます。

間違いなく年齢によっての行動差異はあって、あなたならやっていいけど、あなたはダメだ。っていう事は沢山あるよって伝えます。

だからこそ「お兄ちゃんだから」っていう本人がどうする事も出来ない理由で叱るのではなく、一人の人間として叱るべきなんです。

 

 

平等に見て欲しいのではなく、個性を認めてほしいだけ

 

同じ血を引いて同じ環境で育っているのに、まったく違うのが個性。

っていうか人間。当たり前ですよね。

だから兄貴だからとか、弟のくせにとかじゃなくて親が子供を一人の人間として向き合ってあげる事が、兄弟が認め合う第一歩なんではないでしょうかね。

でも兄貴って大変だなぁって思います。

img_6682

実際親としてもなんでも初めて経験するのは「長男長女」であって、ハイハイや歩く事、入園や入学などどれをとっても一番上の子に対してが、一番全力でやっている気がするんです。親も未経験な分。

だから「お兄ちゃんにはこうあってほしい」がある時は本人のプライドを大切にしてあげる事が大切だと思います。

下の子が生まれた時点で急に「兄貴、姉」の役割を任されるわけですからね。

兄弟がリスペクトし合あい、助け合って生きていく為には、小さい頃からの親の子供の見方が重要になってくるなって思ったお話でした。

 

 

img_7153

 

それでは3兄弟に愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  2. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 僕の戯言

    怒りのミクロコロンコロン

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン彼は怒りに震えている…

  2. 僕の戯言

    勝負は真剣なほど面白い。【お遊戯走り】

    何をするにしても負けるのは嫌だし、本気でやっている…

  3. 育児奮闘記

    ミクロコロンコロンのヒーロー感

    ◆勝野家次男 隼ノ介 ◆通称ミクロコロンコロン◆最近の特徴 弟…

  4. 僕の戯言

    アチョーーーーアアアアイイイ!!!!!

    ◼︎坂西いくと ◼︎通称 肉まんちゃん&n…

  5. 僕の戯言

    強い男になる為のノート

    先日ある男とお風呂に入っていました。その男はこれから小学校に入…

  6. 僕の戯言

    夏に感じた二つの不思議

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです!今日も暑いですね。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    リレーの選手に選ばれたみたいです。
  2. 育児奮闘記

    突如として始まった水遊びで僕が思った事
  3. 僕の戯言

    ブログ復活!!
  4. 僕の戯言

    日本人としての礼儀と行儀を忘れてはいけない。
  5. 僕の戯言

    全力朝礼
PAGE TOP