育児奮闘記

「モテたい」ただそれ一心だった。

勝野家長男 蓮ノ介 通称お調子者

特徴 6歳になり色気づいてきて好きな子がいるため、ファッションが気になってしょうがない悩める男。

img_5052

 

「モテたい」ただそれ一心だった。

僕のナルシストっぷりを一番濃く受け継いだ彼。

最近よく僕にしてくる質問は「お父さんはモテた?」

僕はすかさず「おいおい!俺を誰だと思ってるんだよ。当たり前だろ。しかも正確に言うとモテたじゃなくてモテるね。現在進行系ね!」

長男「うん」

img_5053

 

まぁ反応が薄いのはとりあえず置いといて、モテたいのか聞いたらモテたいんです。でも彼が言うモテたいは、女の子みんなからモテたいじゃなくて、好きな子と両想いになりたい。

両想い

いい言葉ですねw青春の言葉ですね。

僕もモテたくてモテたくてしょうがなかったもんなぁ。

 

僕の遺伝子を強く受け継ぐ男

間違いなく内面では一番彼が僕に似ている。長男だからなのかなんなのかわからないんですけど、とにかく似てる。

モテたい。もそうですけど、目立ちたい、一番になりたい、ビビり、お調子者・・・・

彼を見ていると「俺もその気持ち凄いわかるぞ」って結構なるんです。

そして写真も普通に撮れない。普通にしてたらそこそこイケメンなはずなのにまともな顔では撮れない。

IMG_8128

 

いや、一回普通にして。

 

普通にみんなで笑った顔のやつがほしいから。

 

IMG_8130

 

ちょ、お前マジで普通の顔してっ!

 

普通にニコってしろってっ!

 

IMG_8131

 

ハラタツー

 

ぶっ飛ばしテェー

 

ってなるんですけど笑っちゃうんです。

もうこういうのは笑っちゃったら負けなのでこのまま3人の写真はこれでOKにしました。(毎月のカレンダー用)

IMG_8127

 

よく見たら次男も光が当たって全然顔写ってないけどもういいです。

こんな感じだったねーって思えばいいからもういいです。

 

さて、彼はどんな男に変貌していくのでしょう?

彼の中で「男」が芽生え始めていて、話しているのがとっても楽しいです。

このままお調子者でスーパービビりで若干のナルシストで目立ちたがり屋。みんなから愛される男になってほしいですね。

 

IMG_8128

 

それでは蓮さんに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  2. 君を見ていると思うこと
  3. 親が結婚35周年だったんだ。
  4. いや、100㌫全開だよ。
  5. 【こたつ】があるとみんなダラける説

関連記事

  1. 僕の戯言

    「僕・・焼肉大好き・・・」でしょうね。ってかBBQね!

    勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン特技 お熱がある時…

  2. 僕の戯言

    おいっ!いい顔してんなっ!!

    いい感じでに仕上がってきてますよ。&nbs…

  3. 僕の戯言

    明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです!お陰様でs…

  4. 僕の戯言

    君からは成長しか感じられない。

    勝野家長男 蓮ノ介  通称お調子者この春で小学生になり「ザ・1…

  5. 僕の戯言

    息子よ

    最近なんだか僕と保育園に行きたがる長男。&…

  6. 僕の戯言

    おんばんばしご

    この前の休み長男が「お…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    雨にも負けなかった僕たちのハロウィン
  2. 僕の戯言

    さすがにヒドい事件だと思った
  3. 僕の戯言

    会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. 育児奮闘記

    子供を自然と触れ合わせる事はなぜいいのか?
  5. 僕の戯言

    酔っ払い上司にはこう対処した方がいい
PAGE TOP