僕の戯言

彼のお出かけスタイル

無理なんだ。お父さんはそんなお前とは行けないんだ。

お出掛けに行くのにお前は連れて行っても、その人を連れて行く事は出来ないんだ。いや、正確に言うと嫌なんだ・・・

あ、どーも美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。

今日はそんな3番目の男の話を少し。

 

突如として現れたお出掛けニュースタイル

じーん!行くぞー!上着着ろー!

最近では言葉のやり取りも出来る様になり、可愛さと生意気さが増してきた3番目の男、通称じん。

「はーい!とっと(ちょっと)待ってー!」

なんて言いながら上着を取りに行き、妻の真似をしたいのか自分のバッグを背負い「出来たー!」なんて言いながら登場してきたアイツ。

 

 

待てぇーーーーーーーーーーーーーい!!

 

 

待て待て待て待て待て待て待てぇいいいいい!!

 

 

1人余分な奴が付いて来ているぞぃー!

 

 

じん!アンパンマンのバッグは最悪OKにしよう。うん。しょうがない。本当は嫌だけど、それが良く見えるくらい胸元の彼はヤバイぞ。

胸元の宇宙の人は置いていこう。

 

それだと周りの人ビックリしちゃうから。

パトロールじゃなくて、その人には家を見張りしてもらおう。

うん。ってかせめてバッグに入れるだろ。そこじゃねえだろ。

 

「嫌だっ!!!じぇっっっっったい嫌だっ!!」

「ウートラマンも一緒に行くのっ!!!!!」

 

 

いや、やめよう。ってかその場所にその人いるとお前怪我しそうだし危な(話の途中でカブせて)

「じぇっっっっっっっっっっっっっっったい嫌だっっ!!!!!」

 

いや、置いて行けって。

そいつそのサイズの間は役に立たないよ。地球の平和なんか守れやしないよ。

 

 

むしろ、ほら!!?そうだろ!?!

 

座ると顔がそうなっちゃうだろ!!??

 

 

 

 

いや、本当に危ないんだって。じぇったいにお前にとっても邪魔になるんだって。

じぇったい置いて来た方がいいって。

 

 

じぇっっっっっっったいに自分の意見は曲げない、自我の芽生え始めた面倒臭い3番目の男の話。

まぁ一番面白い時期でもありますけどね。

ふぅー。我が家は今日も賑やかです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではじぇったい譲らない仁に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  2. 苦しい時こそ
  3. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    【どうしてそうなった?】息子とのお絵かきタイム

    この前長男がおもむろに「お父さん!これ描いてくれる…

  2. 僕の戯言

    僕はこうやって子供からの票を集めてきた。

    坂西家長男イクト  通称 肉まんちゃん特技 叔父さんであるは…

  3. 育児奮闘記

    理不尽な怒りのミクロコロンコロン

    勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロン…

  4. 僕の戯言

    「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?

    どーもー!昨日は鶴と未来会議だったのですが、5時からスタートして終わり…

  5. 僕の戯言

    肉を喰らえ!!肉を食らうんだっ!!!

    よーしよし。いいぞいいぞ。喰らえ。喰らうんだ。男なら肉を食え。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    ついに来年度のやつが出来上がった事とオフレコ
  2. 僕の戯言

    酔っ払い上司にはこう対処した方がいい
  3. 僕の戯言

    三番目の男は「度胸と愛嬌」に決定!
  4. 僕の戯言

    どうしてうちの子は食べてくれないの・・って悩んでる親御さんへ
  5. 僕の戯言

    第一回お絵かき選手権【京成小岩編】
PAGE TOP