育児奮闘記

怒るは自分の為。叱るは相手の為。〜撃沈〜

 

子供を育てていると本気でイライラする事もしばしばありますよね。

 

でもそのイライラって親の思い通りにならない為にイライラしているのか、それとも余りにも理不尽が過ぎている為に叱っているのかどっちかに分かれると思うんです。

 

これ二人同時に「度が過ぎた調子乗り」が始まった時に制裁を加えた画像です。

 

IMG_4440

 

 

 

親が本気でイライラしたら負け。

 

って思ってるんですけど、無理ですよねw

 

マジでイライラする時ありますよね。でも怒ると叱るを上手く使い分けないとダメですよね。

 

怒るは自分の為。感情をただ発散するだけ。腹が立ってる事を表に出してるだけで、中身なんてほとんど関係ない。

 

叱るは相手の為。相手の未来を考えて何故それがダメか?どうした方が良いかを伝えていく事。

 

とは言え親だって人間です。「お前ふざけんなよ!」って全然なります。

 

だからその感情をいかにコントロールして、子供に伝える時には「中身」を伝えられるかが重要です。

 

 

この時は妻に「仁(3男)が寝ているから静かにして。遊ぶなら自分達の部屋で」と再三言われているにも関わらず、ワザと意味不明な言葉を言い合ったり、ちん◯んって言ったり、明らかに不審者な発言しているので、実際に不審者を撃退する時の方法でわからせました。

 

そうです。「力」ですw

 

IMG_4439

 

って言ってもビンタとかしてないですよ。デコピンですよ。40%くらいの力でのデコピンですよ。二人を同時に押さえ込んで不審者には力で制裁を教えてやったんです。

 

IMG_4442

 

 

まぁ男の子なんでたまには必要ですよねw

 

痛みを知るっていうのは必要。

 

 

 

また違う時は「このままだと、どこにも遊びに連れて行かない理由」をしっかりと伝えています。

 

次男は泣き崩れていますけど、しっかり話を聞いています。

 

IMG_4471

 

 

後ろのアメリカの国旗は別に「実はオリンピックの時内緒でアメリカ応援してた」ってわけじゃなくて、ただ子供部屋のカーテンに使ってるだけですよ。

 

IMG_4471

 

こんな事を繰り返しながら、親も子供と共に成長していくんでしょうね。

 

俺ももっと成長しなきゃ。

 

 

それでは子供達に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  2. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  3. 父親としての子供との時間
  4. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  5. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事

関連記事

  1. 育児奮闘記

    ミクロコロンコロンのヒーロー感

    ◆勝野家次男 隼ノ介 ◆通称ミクロコロンコロン◆最近の特徴 弟…

  2. 僕の戯言

    おんばんばしご

    この前の休み長男が「お…

  3. 僕の戯言

    おねちゅ(お熱)

    うちの子達はお熱を出している兄弟を見ると何故か羨ましがる。この…

  4. 僕の戯言

    僕はこうやって子供からの票を集めてきた。

    坂西家長男イクト  通称 肉まんちゃん特技 叔父さんであるは…

  5. 僕の戯言

    僕の「遊ばせたいな」の気持ち。

    先日コストコに行ってきたんですね。&nbs…

  6. 育児奮闘記

    あいつが飛び立って行きました。

    何て事はない。ただの子供のサッカーの合宿の話ですが、それでも3泊4日と…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    お父さん大好きっ子
  2. 育児奮闘記

    メキメキと成長している息子たちを見て
  3. 僕の戯言

    【後編】鴨川シーワールドを楽しむ為に必要な10の事!!
  4. 僕の戯言

    認め合える兄弟になる為に親がすべき事
  5. 僕の戯言

    僕がこんなに楽しいアプリを一瞬で嫌いになった理由
PAGE TOP