育児奮闘記

3番目の男の苦悩

 

すごい場所でリラックスしている3男。

 

休みで用事があって長男次男を保育園に行かせてると親2人を独り占め出来る3男。

 

IMG_4589

 

1歳なのに自分でなんでも出来ると思っている3男。

 

人の上に乗っかってドラえもんに夢中になっている3男。

 

IMG_4585

 

 

 

3男って大変だなぁって思う

 

まぁ本人はわかってないでしょうけどね。上の子2人を見てきたから3男に対して思う事が結構あるんですよね。

 

IMG_4690

 

圧倒的に親の独占率が下がる中、なんとか親に抱っこをしてもらいたい、遊んでもらいたいを常に考えなければいけないんです。

 

長男はそんな事を考える必要は一切なかった。僕たちも親としては初心者でいろいろな事が手探りの中、今思えば神経質とも思えるくらいの育児をしていたなと思い、今の3男に比べるとだいぶ過保護に長男を育てていたと思います。

 

もちろん3男だからと言って雑にしているわけではなく、僕たちの「ものさし」の幅が広がっただけで、「これはやっても大丈夫」な事が格段に増えているわけで。

 

IMG_4713

 

だからと言って3男はそんな事もわかるわけないし、やっぱり長男の時に比べると「お世話してあげてる度」は格段に下がってきてしまいます。

 

だって上に毎日祭り状態な男が2人もいるわけですから。

 

IMG_4440

 

ただその分兄貴たちが遊んでくれている為か、自分で何かをやってみよう!は上の子2人に比べて格段に強く、自分でなんでも出来ると思っています。

 

3番目ともなると「どうやって自分は抱っこをしてもらうか?」を試行錯誤しなくてはいけなく、自己主張の仕方も上手いですし、甘えるところも1歳にしては絶妙な加減で甘えてきます。

 

IMG_4694

 

まぁ見ていて思う事は3番目の男は賢くて強いなと。次男と殴り合いの喧嘩してますし。たくましいですよね。

 

あとはやっぱり僕の遺伝子を強く受け継いでいるので、どうやってもおデコが広い。必要以上におデコが広い。

 

IMG_4695

 

次男は妻寄りなおデコですが、長男三男は完全に俺のおデコ。

 

IMG_3624

 

 

とにかく兄貴たちに揉まれながら強くたくましく育っていって欲しいですね。

 

それでは3男に愛を込めて

 

IMG_4583

 

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  2. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  3. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  4. KFC始動したぜ!!
  5. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。

関連記事

  1. 僕の戯言

    うちの三男坊はこんな感じです。

    勝野家三男  仁(じん)  通称3兄弟で一番のイケ…

  2. 僕の戯言

    おねちゅ(お熱)

    うちの子達はお熱を出している兄弟を見ると何故か羨ましがる。この…

  3. 僕の戯言

    お、お前ら・・・・

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼3児の父です。…

  4. 育児奮闘記

    海に行ってきたんだ。

    先日のお休みに行ってきました。…

  5. 僕の戯言

    お、おう・・・

    夏に向けて体を絞ろうとしているのですが、明らかに以前より体重が落ちにく…

  6. 育児奮闘記

    初カップラーメンを食べてみて。

    どーもー。美容室と鉄板焼きのシャチョー兼3人の男の子の父親です!…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    押忍!空手道!押忍!!!
  2. 僕の戯言

    おんばんばしご
  3. 僕の戯言

    ありのみコースに行ってきたんだ。
  4. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
  5. 僕の戯言

    結局のところチームに必要なのは「信頼」だから
PAGE TOP