育児奮闘記

仕事でも遊びでも「楽しさ」から教えるべき

 

 

親が子供に習い事をさせ「この子を一流に」って英才教育風にするとします。

 

子供の「得意」や「好き」を見つけてあげる為に、親が初めに動いてあげる事は良いと思います。だけどそうでなく「これ」で才能が開花してくれってなって小さいうちから厳しく習い事。

 

 

それ完全に親の都合です。

 

子供の気持ちを全く無視した「技能重視の教育」です。

 

才能を発揮するときにまず必要なのは「技能」ではなく「心」です。技能は「心」があれば間違いなく後からついてきます。

 

ピアノのレッスンを無理やりやらせたとして、技能は伸びてくるでしょう。長くやっていれば必ず技能はある程度まではいきます。

 

ただピアノの才能は開花しない。

 

だって好きじゃないから。

 

必ず行き詰まります。好きでもない事を親の為にガンジガラメになってやっても、ただの苦痛でしかありません。

 

そんな子供は必ず手を抜きます。必ずサボリます。

 

だって好きじゃないから。

 

だから子供の「好きの心」を尊重して何かをやらせるべきです。

 

 

好きこそ物の上手なれ

 

まさにですよね。もしピアノが大好きなら「練習しろ」なんて言わなくても勝手にやります。やるなっていってもやります。

 

上手くなりたい気持ちも沢山出てきます。

 

好きな事が見つかると「集中力」と「根気」が身につきます。好きな事であれば練習量も自然と増え集中もでき、上達も早くなる。

 

だから子供の「好き」をどれだけ探してあげられるかが、親が出来る最大のサポートなんじゃないかなぁってつくづく考えちゃいます。

 

うちの次男も見た目とか雰囲気では「柔道」や「レスリング」などをさせたいです。

 

これ僕の都合ですw

 

でも次男は兄弟の中で一番「繊細な仕事」が好きです。パズルやブロックをやらせたら、6歳の長男よりできます。

 

IMG_4445

 

ちゃんとイメージが出来るんです。

 

「これショベルカー」って言ったときは素直にすげーじゃんって思いました。

 

IMG_4447

 

 

「ゾウさんとかのお家」

 

IMG_4443

 

 

子供の才能を開花させる事は親のサポートにもかかっています。

 

しっかりと見つめて無限の可能性を活かしてあげたいですね。

 

IMG_4446

 

それでは自分都合な親に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 君を見ていると思うこと
  2. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  3. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  4. 親が結婚35周年だったんだ。
  5. 「フォッコ」と「きゅうり」

関連記事

  1. 僕の戯言

    もう「イクメン」って名称使うのやめませんか?

    これ僕すごーーい前から思ってる事なんですけ、「イクメン」って何なんです…

  2. 僕の戯言

    【教育方針】どんな時でも礼儀正しく

    ジーーーーーーーーーーー・・・・・&nbs…

  3. 僕の戯言

    子育てって自分も楽しむ事だと思うけど

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼胃腸炎からやっとのこと復活して…

  4. 僕の戯言

    彼のお出かけスタイル

    無理なんだ。お父さんはそんなお前とは行けないんだ。お出掛けに行…

  5. 僕の戯言

    次男の苦労と主張【ミクロコロンコロン】

    どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。3兄…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    リレーの選手に選ばれたみたいです。
  2. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性
  3. 育児奮闘記

    人って恥ずかしいと本当に頭を掻くんだね・・・
  4. 僕の戯言

    季節ごとのイベントってやっぱり大事だなって件
  5. 僕の戯言

    「モツ煮」始まりましたよ!
PAGE TOP