育児奮闘記

子供を自然と触れ合わせる事はなぜいいのか?

 

保育園の遠足でお芋掘り&ぶどう狩りに行ってきたみたいです。

 

こういう自然と触れ合う体験ってすごく重要だなって思うんです。

 

意識的にそうさせなければ、僕たちが子供の頃より格段に自然に触れ合うチャンスが少なくなっているはずです。

 

 

 

「体験の力」が伸ばすもの

 

うちでは比較的「公園」の類の場所に連れて行くんです。アスレチックや有料の大きな公園。とにかく緑があって走れて広くてって所によく連れて行くんです。

 

中途半端な子供の遊び場に行くくらいなら、よっぽど「ただ広い自然」に連れて行った方が喜ぶんですよね。

 

自然環境を通して得られる「自尊感情」や「共生感」「関心」「意欲」などは体験の力として調査したら、高校生になるまでにどれくらいそういう遊びをしているかで、人間関係の資質や能力、やる気とかが全然違ってくるみたいですね。

 

img_5183

 

でも不思議ですね。

 

大人たちはそういう事はわかっているはずなのに、子供が自然と触れ合える機会を減らしているんですよね。

 

自由にのびのびと体を動かす事が出来ないまま育つと良くないって言ってるのに、遊ぶ場所はどんどん減る。

 

だから住まいはあえて少し地方に行く人が多いんですかね。

 

引っ越そうかな。引っ越して仕事が大変なのは大人だけですしね。子供の為だけを考えたらそっちの方がいいのかな?とか考えちゃいますね。

 

img_5184

 

こういう便利な世の中になったからこそ子供の「生きる力」を育んで、メリハリを大人がつけてあげないと「自然」を知らない大人に育っちゃう。

 

そんな大人に育てられる子供はもっと知らない子になっていくんではないだろうか・・なんて事を考えてしまった素敵な芋掘り体験レポートでした。

 

img_5184

 

今度はキャンプでもしに行こうかな?

 

僕も人生で2回しかした事ないビギナー中のビギナーだけど、連れて行こうかな?

 

 

それでは長男に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. お、おう・・・
  2. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  3. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  4. いや、100㌫全開だよ。
  5. 日に日に成長していく彼らを見て思う事

関連記事

  1. 育児奮闘記

    「モテたい」ただそれ一心だった。

    勝野家長男 蓮ノ介 通称お調子者特徴 6歳になり色気づいてきて…

  2. 僕の戯言

    リレーの選手に選ばれたみたいです。

    勝野家長男 蓮ノ介  通称お調子者運動会で誰よりも速く走るため…

  3. 育児奮闘記

    子供の想像力は大人のそれを超えている

    とある休日の地元のお祭りのお話。妻からLI…

  4. 育児奮闘記

    夏の始まりはいつも

    どーもー。鉄板と美容室のシャチョーです!さぁいよいよ夏が始まり…

  5. 僕の戯言

    えーーっと・・違う!やっぱそれ違うっ!!

    子供連れて1日買い物してって動き回ってると、結構疲…

  6. 育児奮闘記

    しゅんくんの宝物

    とある朝の出来事。「…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 彼は貝になりたいわけじゃない
  2. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。
  3. 成田ゆめ牧場でキャンプしたら山羊が怖すぎた件
  4. KFC始動したぜ!!
  5. イベントの罰ゲームにオススメの18禁カレー

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    彼が【男泣き】をした理由
  2. 僕の戯言

    ヘアショー(スピンオフ 鶴編)
  3. 僕の戯言

    会社のみんなで海に行ってきたんだ。
  4. 育児奮闘記

    大人になるにつれて「常識」に囚われてる自分がいる。
  5. 僕の戯言

    親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
PAGE TOP