育児奮闘記

これでジェイソールブラザーズに入れてもらえるな。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

img_5623

 

 

 

めっちゃ泣いてる。

 

 

 

めっちゃ泣いちゃったな。

 

 

 

 

img_5631

 

 

 

これはなんで泣いてるかっていうと、公園で鬼ごっこをしていて僕の鬼の真似が怖すぎるから泣いてるんです。

 

 

 

アホですね。僕も。彼も。

 

img_5622

 

 

 

泣いてるのもそうなんですけど、体がね・・

 

鬼ごっこで怖くて泣いてるから、それを見て面白がって写真撮ってたんですけど、よくよく写真見ると体が立派だなって。

 

なんか貫禄っていう言葉ってこういう時に使うんだなって。

 

恰幅(かっぷく)が良いってこういう時に表現するんだなぁって思ったんです。

 

img_5621

 

この日は本当に暑く、他の子供達も裸で水遊びしていたりしたんですね。「暑いから脱いでいい?」なんて聞いてくるから「いいよ」と答えて裸で遊ばせていたんですけど、なんか違う。

 

周りのお父さんやお母さんは彼が横を通ると笑いながら「可愛いw」って言って目で追うんです。

 

そりゃ可愛いですよ。いずれはジェイソールに入れてもらおうとしている男ですから。

 

日本のエンターテイメントを背負って立つ男ですから。

 

img_5629

 

 

映画とかドラマとかにもイケそうじゃないですか?

 

なんか「絵」になりそうじゃないですか?

 

 

img_5630

 

みなさんは彼の体だけ見て運動が出来なそうって思ってないですか?

 

それは違うんです。

 

3歳なのに結構な勢いで5、6才用のアスレチックできます。(これはマジです。)

 

だから動ける少しゴツめの男の子です。

 

兄貴と比較してもさほど変わりなくいろいろできます。すこーしだけ体格が違うだけで。

 

img_5624

 

 

しゅん!もう少しでジェイソールに入れるからな。

 

オーディションに行こうな!

 

「いっぱい食べていっぱい遊べる」って言ったらヒロさんお前のこと気に入ってくれるぞ!

 

「こういう風にドラマでも泣けます!」って言ったら俳優のお仕事も夢じゃないぞ!月9に出れるかもしれないぞ!

 

img_5631

 

 

しゅん!頑張ろうな!

 

 

それではミクロコロンコロンに愛を込めて

勝野太一朗

 

 

お気軽にFacebookの友達申請お待ちしております!

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  2. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  3. なんか感慨深いものがあった入学式
  4. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?
  5. 【こたつ】があるとみんなダラける説

関連記事

  1. 僕の戯言

    アチョーーーーアアアアイイイ!!!!!

    ◼︎坂西いくと ◼︎通称 肉まんちゃん&n…

  2. 育児奮闘記

    しゅんくんのファッションチェック第3弾!!

    ◼︎勝野家次男 通称ミクロコロンコロン たんぽぽ組…

  3. 僕の戯言

    父の日でマジで少し涙が出そうになった件

    えーっと。父の日のお話ですが、うちの父の日はこの前…

  4. 育児奮闘記

    突如として始まった水遊びで僕が思った事

    休日にどこも出かける予定のない日。&nbs…

  5. 育児奮闘記

    蓮っ!!!後ろ!後ろっ!!!!

    それはトーマスランドに行った時の事。&nb…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    お母さんの誕生日プレゼントを悩む二人の苦悩
  2. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること
  3. 僕の戯言

    子供の歯が抜けて蘇ってきたあの時の僕の記憶。
  4. 僕の戯言

    何でも「真似」から始めてみよう
  5. 僕の戯言

    次男が4歳の誕生日だったんだ。
PAGE TOP