育児奮闘記

子供を引きずってでも勝ちたかった親子競技

 

長男が保育園の最後の運動会でした。

 

初めてですかね。こうやってフルで運動会を見たのは。

 

うちの会社では比較的に土曜日だろうが日曜日だろうが、子供の運動会や発表会の時は休んでいい事にしています。

 

だってビジネスマンである前に人間ですから。

 

そんな事で僕も今回は保護者の綱引きや、親子競技に参加依頼がありましたので全力でやってきました。

 

 

 

とにかく勝負事は負けたくないんだ。

 

オンリーワンじゃなくてナンバーワンです。

 

競争と題されているからには順位がつくんです。順位が付くのなら絶対に1位を取りたいんです。

 

だから長男の徒競走や親子競技にも「絶対に1番目指すぞ!」って言って出るんです。

 

今回の親子競技はボールを二人で持って、Uターンする時はどちらかがボールを持って手を繋いで走ってくればいいっていうルールでした。

 

3チームに別れてチーム戦だったのですが、長男の青チームはここまでリレー(子供だけ)でも3位で負けていたんです。

 

だから絶対に巻き返してやろう。って意気込みで列に並びます。

 

長男からも「リレー負けたから、これは勝ちたいよ」と懇願され、まわりの子からも「蓮くんのパパ早そう!」って圧力をかけられます。

 

そしてやはり順位が3位のまま僕たちにバトンと言う名のボールが回ってきました。

 

僕は走る前から「お父さん引っ張るからな!お前浮け!!」「そしたら勝てるから!」って親子競技でも何でもない作戦を立てておきました。

 

 

そして・・・・

 

 

img_6204

 

 

前半はマジでこのまま走りました。

 

会場からは爆笑されています。

 

 

だって親子競技じゃなくて、僕の競技になっていた。

 

img_6206

 

 

写真だとわかりづらいですが、息子は爆笑しすぎて走れる状態じゃありません。

 

 

それでも僕は走り続けた。

 

だって勝ちたかったから。

 

負けるくらいなら子供を引きずってでも勝ちたい。

 

そんな思いで、ただ駆け抜けた。

 

 

img_6204

 

 

息子に勝負事の大切さを感じてほしかった。

 

勝つ為の努力と諦めてはいけない。どんな時でも全力だってわかってほしかった。

 

 

img_6204

 

 

動画で確認したら引き返して来る時は息子は一回しか地面に足をつけていなかった。

 

本当に浮いていた。

 

img_6207

 

img_6208

 

 

でも間違いなく個人戦だったら1位だっただろうし、2位との差を少しは縮められたと思う。

 

何より目立てたしみんなが笑って楽しんでくれたからよかった。

 

 

ってだいぶ主旨が変わったけど、それなりに思い出深い運動会になった。

 

競技が終わった後「お父さんありがとうっ!ちょー楽しかった!」って息子に言ってもらえたのが何よりの評価だったかな。

 

 

もっと運動会ネタで書きたい事あるので、またそれは別の機会に。

 

それでは全力少年に愛を込めて

img_6204

 

 

勝野太一朗

 

 

お気軽にFacebookの友達申請してください!

 


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  2. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  3. ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  5. 「フォッコ」と「きゅうり」

関連記事

  1. 僕の戯言

    トイレの花子さんかと思ったらミクロコロンコロンだった。

    朝、僕がゆっくりしていたら何処かから&nb…

  2. 僕の戯言

    3番目の男は色々と大変だ

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼、最近夜が遅いのが続いているけ…

  3. 育児奮闘記

    しゅんくんのファッションチェック第3弾!!

    ◼︎勝野家次男 通称ミクロコロンコロン たんぽぽ組…

  4. 育児奮闘記

    「モテたい」ただそれ一心だった。

    勝野家長男 蓮ノ介 通称お調子者特徴 6歳になり色気づいてきて…

  5. 僕の戯言

    ロマンティックが止まらない。

    スペック◼︎勝野家長男 蓮ノ介 5歳…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    オススメは「トマト味の焼き」です。
  2. 育児奮闘記

    「兄弟なんだから平等」なわけないっ!
  3. 僕の戯言

    最低でも1年は続けなければ結果なんて出ない。
  4. 社員ネタ

    アイリスト美希の苦悩
  5. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
PAGE TOP