育児奮闘記

ランドセルが届いたんだ。

 

6月に注文していた長男のランドセルが届いたんです。

 

なんかいよいよだなって感じがもろに出てきましたね。

 

img_6272

 

 

 

なんか素敵でおもしろい文化ですよね。

 

日本独特の文化です。さかのぼるは江戸時代、幕末に輸入されて軍隊で活用されるようになった布製の背のうがその始まりだと言われています。

 

それって考えてみると凄いですよね。

 

もちろんもともとは「ランドセル」って言われてるくらいだから、海外から入ってきてるんですけど(たぶんオランダ)それを日本独特に進化させて文化にしちゃってるんですねもんね。

 

小学校の6年間はランドセル。

 

6年間も同じカバンを使い続けるっていう事も普通はあまり考えられないし、6年間子供が雑に使ってるのにほとんど故障がないって凄いことです。

 

img_6276

 

1年生の時と6年生の時ではだいぶ体の大きさが違うんと思うのですが、洋服や靴、プライベートで使うカバンはどんどん新しくなっていくのに、小学校用のカバンだけは6年間同じ。考えれば考えるだけ不思議です。

 

でも日本人には間違いなく根付いていて、それであってそれがザ・小学生ですもんね。

 

ランドセルを見れば「あー小学生だー」ですよね。リュックやショルダーを持ってる小学6年生は小学生ってわからないですけど、ランドセル背負ってる子はどんなに背が大きくても小学生ってわかります。

 

でも最近なんかは海外にも輸出しているみたいですね。

 

ファッショナブルかどうかは別として、なんせ丈夫。子供が使いたいように使っても壊れない。

 

普通のカバンならこの金具のところなんて1年くらいで壊れるのに6年保ちますからね。

 

img_6274

 

 

そう考えると6〜7万円が相場のランドセルは決して高くないなって思います。年間で考えたら1万円くらいですから。

 

それにしても不思議な文化です。

 

img_6272

 

 

ちなみに彼は何回聞いても「赤っ!!」って言ってます。

 

どうすればいいでしょうか?本当に3年後に赤を買ってあげればいいのでしょうか?

 

今から少し心配です。

 

img_6275

 

 

それではもの凄い技術を持っているランドセル職人さんに愛を込めて

勝野太一朗

 

 

お気軽にFacebookの友達申請してください!

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 親が結婚35周年だったんだ。
  2. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  3. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  4. 彼が【男泣き】をした理由
  5. いや、100㌫全開だよ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    んーーーーっと。ちょっと待って・・【緊迫のトレーニング】

    やっぱり社長たるもの、いや男たるも体を鍛えてないといけない。&…

  2. 僕の戯言

    三男が2歳になったんだ。

    勝野家三男 仁 通称イケメン3番目特有の容量の良さと、上に2人…

  3. 僕の戯言

    3番目の男は色々と大変だ

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼、最近夜が遅いのが続いているけ…

  4. 僕の戯言

    えーーっと・・違う!やっぱそれ違うっ!!

    子供連れて1日買い物してって動き回ってると、結構疲…

  5. 僕の戯言

    ハンバーグ師匠

    自分の息子ながらつくづく思います。本当に思うんですよね。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. あいつが飛び立って行きました。
  2. 彼は貝になりたいわけじゃない
  3. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。
  4. 成田ゆめ牧場でキャンプしたら山羊が怖すぎた件
  5. KFC始動したぜ!!

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    お前が最速でそして輝いていたぞ。
  2. 僕の戯言

    押忍!空手道!押忍!!!
  3. 僕の戯言

    「普通の子供」??考えてみる「普通」の定義。
  4. 育児奮闘記

    怒るは自分の為。叱るは相手の為。〜撃沈〜
  5. 僕の戯言

    子供の頃に大好きだった「秘密基地」を作ってみた。
PAGE TOP