育児奮闘記

子供の想像力は大人のそれを超えている

 

とある休日の地元のお祭りのお話。

妻からLINEでお祭りで遊んでいる風景が送られてきたんです。それでメッセージは無くただ写真だけが送られてくる中で、その先に何があるのか凄い気になったんです。

img_6676

 

 

何を思い何を考えているのか凄い気になる。

子供と話していたり遊んでいたりすると、今どんな事をイメージしてるのかな?何を考えているのかな?って話しながら子供を観察するんです。

だって思いもよらない事を言ったりするじゃないですか。普通は大人だったらそうは考えないことを当たり前の様に言ったりする。

img_6673

でもそれって圧倒的に経験不足と知識不足から非常識。「そんなの無理でしょ」「それは違う」こうやって露骨に否定されて、みんな大人になっていく中で意味のない常識まで備わっていくんですよね。きっと・・・

だから大人は気をつけないと、自分たちが経験してきた失敗や痛みを子供にも味わせたくないが為に、子供の可能性を縮こめている事もあると思うんです。

 

 

普通はそんな風には見ない

大人だったらこの見方はないですよね。長男はまだわかります。

img_6681

 

でも次男はアウト!

img_6683

 

この写真は他の子供達も写っているのですが、みんな同じ方向を見ているんです。きっと何かがあったのでしょう。

でも彼の中では何か悪いものを見ている感覚があったのか、写真を撮るが為にわざとそういう風に見ていたのかはわかりません。

img_6681

 

子供の可能性って無限です。彼らは今から望めば何にでもなれる。お医者さんにも弁護士でもサッカー選手でも芸能人でも何でもなれます。

もしこの先彼らがチャレンジしたい事が、僕の理解範囲を超える夢だとしても、どんなになれる確率が低いとしても、本気でやりたい事なら絶対に否定せず全力でバックアップしていきたいと思います。

僕のモノサシで子供の可能性を潰したくない。

だからこそ自分のモノサシも長くして、出来るだけ彼らが楽しんで人生が送れる様しっかりやっていきたいです。

それが親に使命だと思っているので。

 

それでは横目なあいつらに愛を込めて

勝野太一朗

img_6676

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 親が結婚35周年だったんだ。
  2. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  3. KFC始動したぜ!!
  4. 苦しい時こそ
  5. 彼が【男泣き】をした理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    今年もよろしくお願いします!

    みなさまお正月気分は抜けましたか?僕はすっかり抜けません。いま…

  2. 僕の戯言

    ちょっと待てーーーーーーーいっ!!!

    多分ですけど、戦隊系の「変身」って間違ってるんじゃ…

  3. 僕の戯言

    次男が4歳の誕生日だったんだ。

    勝野家次男 隼ノ介 通称ミクロコロンコロン5月28日で4歳にな…

  4. 僕の戯言

    沢山の経験が彼を成長させてくれる。鼻の穴デカイけど。

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。いよいよ12月に入…

  5. 僕の戯言

    子供のお小遣いは定額制??

    さてみなさんのお家ではお子さんのお小遣いについ…

  6. 僕の戯言

    親父としてその事だけはツッコマずにはいられない。

    うちの長男はこの春に保育園の年長になるんです。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    「目的」が「手段」に変わっていないか?
  2. 僕の戯言

    夏に感じた二つの不思議
  3. 僕の戯言

    【子供の睡眠】親の小言は8時まで・・
  4. 僕の戯言

    あの頃僕は若かった。
  5. 僕の戯言

    「まぁいいか」はいずれ「どうでもいいや」に変わる。
PAGE TOP