僕の戯言

自分の息子が小学生ってなんか違和感・・

あっと言う間に長男が小学生です。

彼が生まれてから6年の月日が経ちましたが、その時は大変な事でも過ぎてみれば全部が良い思い出です。

なんて思いながら彼のランドセル姿withどうしても映りたい三男を見ていたんです。

IMG_7916

 

自分の年齢にも違和感

今年で35歳になるんですけど凄く違和感があります。なんなのでしょうか?

僕が20歳くらいの時に感じていた35歳はとっても大人で、いや、むしろオジさんくらいに思っていたのですが、今自分はそういう風に見えているのでしょうか?

自分的に昔と中身がほとんど変わっていないように感じるのですが、大人になっているのでしょうか?

自分が小学生に上がる時に感じていた、親への「お父さん感」と今の僕の息子が僕に思う「お父さん感」はちゃんと同じなのでしょうか?

そんな事を凄く感じてしまいます。

15歳から見る20歳。20歳が見る30歳とかは別格に感じていたのですが、いざ自分がその年齢になってみると「そうでもねぇな」ってなってるんですけど、みなさんもそうでしょうか?w

IMG_7903

 

着々と成長している

子供の時の成長度合いは凄いですよね。

大人の5年間と子供の5年間は吸収力が全然違う気がします。

でもなんか嬉しいんです。すっげー子供の様に接していた長男と女の子の話が出来る。

好きな子にプレゼントしたい。何をあげたらいい。そんな話をするのが凄く楽しいんです。

 

僕「お前なんでも聞いてこい。お父さんそういうの凄い得意だから」

蓮「え?そうなの?お父さんもプレゼントした事あるの?」

僕「当たり前だろ!俺を誰だと思ってるんだよw」

蓮「え?お父さん・・・・」

僕「いや、そうだけど・・」

僕たち「・・・・・・・・」

IMG_7918

早く仕事とか彼女とかの話をしながら男同士で飲みたいなぁとつくづく思います。

さてあと2ヶ月で小学生。これからまた新しい社会になって、いろいろ経験して、沢山友達と遊んで人生を十分に楽しんでほしいです。

その時にしか出来ない事って沢山ありますからね。

今を熱く生きる!

そんなスーパー小学生になっていってほしいですw

それでは長男に愛を込めて

IMG_7917

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. ミクロコロンコロンのお食事事情
  2. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  3. いや、100㌫全開だよ。
  4. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  5. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由

関連記事

  1. 僕の戯言

    子供のお小遣いは定額制??

    さてみなさんのお家ではお子さんのお小遣いについ…

  2. 僕の戯言

    終わりを思い描く事から始める

    お仕事でもプラベートでもそうですけど、目標とかって…

  3. 僕の戯言

    僕の専属整備士。その名も「あつしすずき」

    みなさんのお家の車のヘッドライトってどうなっていま…

  4. 育児奮闘記

    人って恥ずかしいと本当に頭を掻くんだね・・・

    ◼︎勝野家長男 蓮ノ介 5歳 保育園年長◼…

  5. 僕の戯言

    自分の「見たいようにしか世の中を見ていない人」

    もうこのアプリ本当に面白いんですよね。自撮りで一人…

  6. 僕の戯言

    ただひたすら我武者羅に。

    「どうせモザイクかかるでしょ!?w」そんな言葉から始まった役員…

おすすめ記事

最近の記事

  1. いろいろと勉強になった1年だった
  2. 僕たちの忘年会ってこんな感じ
  3. 今日で7歳になる君へ
  4. 今日誕生日迎えた櫻井氏に捧げるメッセージ
  5. クリスマスの裏話。親の苦労子知らず・・

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    地域の中学生の職場体験
  2. 僕の戯言

    HOKUHOKUが2周年を迎えたのだ!【祝】
  3. 僕の戯言

    は、はい!顔出しNGと言われていたので・・・
  4. 僕の戯言

    認め合える兄弟になる為に親がすべき事
  5. 僕の戯言

    新入社員を迎えるにあたって僕たちが準備する事
PAGE TOP