僕の戯言

「何かをやりたい」って思ってる人の98%は「やらない」

 

多かれ少なかれ人には何かを「やりたい」はあると思います。

 

・勉強をしたい

・就活を始めたい

・ダイエットをしたい

・彼氏/彼女を作りたい

・ブログを書きたい

 

なんでもいいのですが沢山の「やりたい」があるはずです。でも大概の人は「やらない」と思っています。

 

この場合「できない」ではなく「やらねぇ」です。

 

 

安心してください。やらない人はどんな環境でもやりません。

行動に移すまでの道筋みたいのがあると思うんです。人は絶対に何かはやろうと思ってるはずですから。要はそれを行動に移せているのかいないのか。結果よりもそれが重要です。行動しないと失敗すらできないし結果なんて出ませんからね。

 

⑴やりたいと思っている人

⑵やりたいと言う人

⑶やりたいと言い続ける人

⑷本当にやる人

⑸それをやり続ける人

⑹それを成果として出す人

 

6段階で分けるとこんな感じになるみたいですね。単純に統計の話ですが、世の中で何かをただやりたいと思ってる人は全体の80%。

 

そして10%の人はやりたいと言う人。そして8%の人がやりたいと言い続ける人なんです。

 

このパーセンテージを全部足すと98%になるんですけど、実際に思ったことを行動に移す人(本当にやる人)って2%くらいしかいないんですよね。

 

 

じゃあまず行動してみるだけでいいじゃん

 

そういう事です。もちろん何事も継続していかないとダメです。でも意味が無いわけではないです。だって行動するだけで、もう2%の人間になれるわけですから。

 

そしてそれを継続し続ける人って1%くらいしかいないんです。みなさんは何かを意識的に習慣化させた事はありますか?勉強もダイエットも自己成長も単発的ではあまり意味がないです。

 

だから成功している人は間違いなく、意味のある努力をし続けています。

 

だからなんでも行動しましょう。って自分にも常に言い続けています。僕も迷ったらとりあえず行動してみるを心がけています。

 

だってただやりたいと思ってるだけじゃ、考えてないのと一緒だし、誰にも伝わらないし、抜擢されないし、チャンスなんて巡って来ないですからね。

 

チャンスは行動している人にだけ巡って来るもんだと思っています。

 

そんな事を改めて考えて行動する覚悟を持った2016年春・・・・

 

 

それではみなさんに愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. とにかく楽しすぎる私の日常
  3. 苦しい時こそ
  4. 彼が【男泣き】をした理由
  5. 父親としての子供との時間

関連記事

  1. 僕の戯言

    「出来なかった」じゃなくて「やらなかった」と言ってほしい。

    仕事でも勉強でもダイエットでも何でもそうですけど、「あの時もっと出来た…

  2. 僕の戯言

    入社4年目の美希ちゃん 〜真夜中のアイス〜

    時刻は24:00 夜中なのに蒸し暑く夏をより一層感…

  3. 僕の戯言

    まずは1ヶ月、頑張った新人へ僕が思う事

    早いもので5月も半ばとなりましたね。どんな職種でもどの企業でも…

  4. 僕の戯言

    自分の妹と親友が結婚した事について「どうなの?」って聞かれるので。

    うちの飲食部門の鉄板ダイニングホクホクと僕の家族の…

  5. 社員ネタ

    僕たちの忘年会ってこんな感じ

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です!さ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 社員ネタ

    アイリスト美希の苦悩
  2. 僕の戯言

    ヘアーショーをやってきたんだ。
  3. 僕の戯言

    夫婦で同じ趣味って素敵やん
  4. 僕の戯言

    朝にゆっくりする時間なんてない!!!
  5. 僕の戯言

    目的も無く独立をしようとする人
PAGE TOP