僕の戯言

結局のところチームに必要なのは「信頼」だから

 

久々にこの3人での宴が開かれたんですよね。

 

この2人は同期なんですけど、入社当時はマジで「いい加減にしろよテメーら・・」ってなるくらい仲が悪かったんですよ。

 

IMG_2384

 

今ももちろんしょっちゅう喧嘩してますけど、お互いが僕に言ってくる内容聞いてると僕はただ笑っちゃうんですよね。くだらない内容過ぎて今出てこないくらいどうでもいい内容。

 

でも本人達は本気でイライラしてるんですけど、僕が笑っちゃうと自分たちも「意外にくだらない」ってなって笑ってますからね。だから大したことない。

 

 

 

入社当初は結構大変だったはず

今ももちろん大変だと思うんですけど、入社してすぐは2店舗目の準備や飲食HOKUHOKUの準備など色々重なっていたし、僕も現場にいたから「あーでもないこーでもない」って言われまくってキツかったはず。でも信じて一緒に走ってきてくれた。

 

彼らも事あるごとに本気でブツかって、腹たって、泣いて、悔しんで、笑ってってやっていたなぁ。

 

この写真の時も何かすげー言い合いして、言った言わないとか、どっちも「太一朗さんにチクル」みたいな内容だったけど、内容どうでもいいから忘れちゃったよ。

 

IMG_2385

 

 

 

やっぱり関係性ってすごい大事

 

この二人の関係性がすごい好きです。すごい素敵です。本当にいがみ合う時も結構あるんですけど、実は認めてはいるんですよね。

 

毎年新年会の時に「優秀社員表彰」の投票をするんです。そして僕が事前に一人づつ聞いていくんですけど、お互いがお互いの名前を言うんです。

 

普段あんだけ「あいつはダメだ」「話にならん」って言ってるのに、そういう投票の時とかはお互いが投票する。しかも隠す。

 

なんかいいですよね。

 

IMG_2386

 

たぶん口ではあーだこーだ言ってるけど、お互い信頼はしているんだろうなって感じします。

 

組織やチームを作っていく上で大切な事って、能力とかももちろん大事ですけど、絶対的になくてはならないのは「信頼関係」です。

 

同期、上司、部下との信頼関係が無い組織はいずれ滅亡していくと思います。

 

人間が一人で出来る事なんてたかが知れてるんだから。

 

まぁそこらへんの話はまた今度書くとして、とにかく彼らの情熱に乾杯です。

 

まだまだ甘い部分は沢山ありますが、その都度向き合って一緒に成長していきます!

 

それでは仲悪いコンビに愛を込めて

勝野太一朗

IMG_2383

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. KFC始動したぜ!!
  2. いや、100㌫全開だよ。
  3. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  4. 「フォッコ」と「きゅうり」
  5. 苦しい時こそ

関連記事

  1. 僕の戯言

    次男の苦労と主張【ミクロコロンコロン】

    どーも!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。3兄…

  2. 僕の戯言

    じーじが57歳になったんだ。

    最近お昼を抜いて夏に向けて本格的に体を絞りだしているのですが、明らかに…

  3. 僕の戯言

    強い男になる為のノート

    先日ある男とお風呂に入っていました。その男はこれから小学校に入…

  4. 僕の戯言

    おんばんばしご

    この前の休み長男が「お…

  5. 僕の戯言

    親がやらせたい習い事と子供のやりたい事

    今年はワールドカップイヤーですね。いつもなら家で感染する時は1人盛り上…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    公園の安全性について考える件
  2. 僕の戯言

    今年もよろしくお願いします!
  3. 僕の戯言

    走り出すための準備を
  4. 僕の戯言

    あなたがお客様から選ばれる理由
  5. 僕の戯言

    いつの時代も楽しいものは楽しい
PAGE TOP