僕の戯言

一番初めに行動した人。そう。その名も美希。

 

そう。私は美希。

 

誰も私の世界には入り込めない。

 

そこは私だけの世界。私にしか見えない世界。

 

そう。私は美希。

 

 

 

IMG_2181

 

 

 

ってなにーー!!どしたのその前髪とサラミーーー!!!??

 

 

 

定例会議後にそれは行われていた。

うちの会社では毎月第1週目の火曜日の午前中に会議があるんですね。

 

売り上げや目標を発表し、今後どのように進んでいくかを全員で確認し、その過程を全員で共有する目的があるんです。

 

それで今回僕がみんなに「差別化」のお話をしたんです。

 

美容室や飲食で差別化って言っても、DM送ったり、ニュースレター送ったり、面白いポイントシステム作ったり、色々あると思んですけどそんな事はどこの会社でもやってるし、差別化にならない。むしろうちでも長くそういう事はやっている。

 

ではお客様に選んで頂くにはどうしたらいいかって話した時に「プラス個性」っていう話をしたんです。

 

個人っていうのは世界にただ一つしかなくて、その個性を活かしていこうよって。

 

じゃあまずはお客様に「自分はこういう人だよ」って発信していこうよって。じゃないとお客様はわからないよって。お客様はお店とは仲良くなれないけど、お店で働いている人とは関係性を築けるんだよと。

 

だから「あの◯◯な人」って言われるほど、自分って個性を発信してる?って話をしたんです。

 

なんでもいいんです。自分の「好き」や「得意」で。「あの猫好きな人」とか「あのラーメンに詳しい人」でも「メガネの人」でもなんでもいい。

 

ただ自分はどういう人に見られているかって。美容技術が上手い。料理が上手い。そんなのは当たり前でなくてはいけないし、向上し続けなくてはいけない。

 

だからまずは自分の「こういう人」っていう最強の個性を発信しようって話をしたんです。

 

 

みなさんは周りの人からどんな風に呼ばれていますか?

 

あのいつも元気な人。あのシャネルな人。あのすぐ悪口いう人。あのモデルみたいな人。なんでもあると思んですけど、自分ってどんなブランディングをしているか考えた事ありますか?

 

彼女は定例会議のあと店に直行して、そのまま前髪をバッサリ切ってました。

 

 

そう。あの前髪の子。

IMG_2017

 

 

もちろん彼女は他にも沢山良いところも、得意な所もあります。ディズニーランド語らせたら誰も敵わないっていうくらいしょっちゅう行ってますし。

 

でもまずは見た目でインパクト

 

そう。あの前髪の子。

 

IMG_2016

 

 

良いですね。勢いがいいですよね。その日にそのままバッサリ行くっていう覚悟がいいですね。

 

帰り際にヒロキが「あの個性に勝てる見た目の個性あるかな?」ってボソっと言いながら帰って行きました(笑)

 

いいですね。

 

 

前髪とサラミ

 

 

IMG_2179

 

いいぞいいぞ。

 

頼むぞ。美希。

 

 

それでは前髪の子に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. いや、100㌫全開だよ。
  2. お、おう・・・
  3. 彼が【男泣き】をした理由
  4. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  5. 父親としての子供との時間

関連記事

  1. 僕の戯言

    あなたがお客様から選ばれる理由

    この日の未来会議はこの前退社した良子の会。…

  2. 僕の戯言

    一人目に手が掛かるのは丁寧に育てた結果

    第一子は手が掛かる。教育相談で親がする最も多い相談みたいです。…

  3. 僕の戯言

    どっちが大事?「やる理由」と「やらない理由」

    えーっとですね。また走り出してるんですよね。…

  4. 僕の戯言

    こ、このポーズはもしや・・・

    ・・・・・・・・・・&…

  5. 僕の戯言

    幸せメッセージ

    これだけ情報が溢れている世の中で仕事をしていると、…

  6. 僕の戯言

    男の子はみんなお父さんが大好き!

    勝野家の三男でイケメンと言われまくってる「仁」…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    「親が楽しむこと」が子供を楽しませる秘訣
  2. 僕の戯言

    楽しい楽しいBBQ
  3. 育児奮闘記

    歯磨き上手だね。でもおじさんみたいだね。
  4. 僕の戯言

    美容師人口が減ってるって言うけど
  5. 僕の戯言

    とにかく楽しすぎる私の日常
PAGE TOP