僕の戯言

上司になるほど仕事量は増える?それとも減る?

 

これは最近よく思う事。僕が思う上司論ですよね。

 

上司になっていくにつれて、もちろん仕事の出来る幅っていうのが増えていきますよね。要はやらなければいけない事が増えてくるわけです。

 

つまり仕事に対しての責任が増えてくるわけです。

 

その責任の中には仕事を部下たちに振っていく、言わば自分で自分がやる仕事を選べるようになってくるんです。

 

入社したての子は出来る仕事が限らていて、その中で上司から仕事を見つけてもらい、自分の出来る仕事を増やしていくわけです。

 

社歴が長ければ必然的に上司になっていくので、部下も増えてくる。上司になっていくという事は能力幅も当然アップしてくるわけなので、自分がやるべき仕事も変わってくる。

 

だから今までやっていた事は部下に任せて、自分は上司として自分にしか出来ない仕事をしなければならないんです。

 

 

 

ただここで陥ってはいけない

ただ仕事を振るだけで、自分は何もしない人間になる事を。

 

要は勘違い上司。

 

大した能力もないのに、いや、能力を出そうともしていないのに、社歴が長いっていうだけで命令ばっかりする人。

 

社歴が長いっていうのは会社としてはありがたい存在なはずです。それだけ会社の歴史を知っていて、経験値も高い、社内の事も熟知している。それが言わばベテランですよね。

 

みんなのモチベーターとなるべく行動をして、あの人がいるから安心と言われるような人です。

 

それが会社のなかでの僕が思うベテランという存在です。

 

そういう上司の人は仕事の采配が格段に上手いです。この仕事は自分がやり続けるべき。あの仕事は部下に任せて成長させる。そういう事を考えているはずです。

 

要は自分都合で仕事を振っていないって事です。

 

自分が面倒臭いから、時間無いからみたいな理由で部下に仕事を投げていないです。

 

そういう仕事の采配をしていると、部下は簡単に見抜きますからね。「面倒臭い仕事は全部自分たち」って。結局その仕事の重要性も理解できず、上司の事も信頼できず、チームはバラバラになっていくわけです。

 

だから上司の責任は絶大です。

 

って全員で考えながらやっていけばいいですよね。

 

これから先輩が増えるって事はあまりなく、間違いなく増え続けるのは後輩なので、そんな上司にならず、信頼される男になってほしいと思います。

 

 

 

それではそんな上司に愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 苦しい時こそ
  2. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  3. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  4. 父親としての子供との時間
  5. なんか感慨深いものがあった入学式

関連記事

  1. 僕の戯言

    父の日でマジで少し涙が出そうになった件

    えーっと。父の日のお話ですが、うちの父の日はこの前…

  2. 僕の戯言

    平均的に高いより「好き」「得意」を伸ばす

    今日はソリューションクルーの拓也さんについて少しお話をしようと思い…

  3. 僕の戯言

    【変革】第2章始めます。

    柴又店が一本裏の道から今の場所に移転してから6年が…

  4. 僕の戯言

    どこかのバイク好きなおじさんかと思ったら息子だった

    勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロンスペック 3歳…

  5. 僕の戯言

    親父としてその事だけはツッコマずにはいられない。

    うちの長男はこの春に保育園の年長になるんです。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 自分が親なんだって再確認する父の日
  2. 明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・
  3. 1つの不幸と10の幸せ
  4. 不思議な子だけど芯がある
  5. 子供の「絵」が意味するもの。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    走り出すための準備を
  2. 僕の戯言

    ゴツ気味な男の情熱
  3. 僕の戯言

    結局のところ「行動する人」しか成功しない
  4. 僕の戯言

    あなたはどっち派?2種類の上司。
  5. 僕の戯言

    「ひるキュン!」っていうTV番組の撮影
PAGE TOP