僕の戯言

「信頼関係」それが始まりであり全て

 

経営はチームで行うもの。

 

これは僕が常に心がけていることです。例えば毎日いらっしゃるお客様に対して、一人で接客し、施述し、レジに入り、経理もやり広報も考え、チラシを作成し、SNSで発信し、なんて事をできるでしょうか?

 

無論できません。

 

俺は優秀だから・・なんて思ってる人でも、こうやって書き出してみると一人で出来る事なんて本当にたいした事ないです。

 

やっぱり経営はチームで行うもの。チームを作りチームを動かす。この力こそ経営者に必要な力だと思います。

 

 

 

信頼こそ全て

チームを作るために、そのチームのリーダーが一番大切にしなければいけない事。

 

それは初めの一歩であって、最後までこれが重要な事だという。

 

信頼です。

 

そのチームでリーダーである人間がメンバーから信頼を得ていない限り、そのリーダーがどんな立派な考えだろうが、どんだけ社歴が長かろうが、すばらしい経歴だろうが、メンバーはそのリーダーの言う事を心から受け入れておらず、この人について行こうってならないんです。

 

叱ったとしてもその場では申し訳なさそうな態度で「また怒ってるよ」

 

褒めたとしても大して嬉しくもなく「なに急に。ご機嫌取り?」くらいにしか思われません。

 

「あの人は優秀だけどついていけない。」なんて事はどこの組織にもよくある事で、だからなのかリーダーシップというのは人間が人間に対して行う事なので、人間的に根源的な所が重要になってくるんだと思います。

 

 

 

だから結局のところ100%で向き合うしかない

 

後輩や部下が自分について来ないのは、後輩や部下のせいじゃなく、全部あなたのせい。

 

それ以外無いから。

 

後輩はあなたが本気で向き合っていない事わかってるから。

 

だからいくらあなたが先輩として話してても耳を傾けてる風にしかならないんだから。

 

だから「あいつは俺の話聞かない」って事があるなら、一回本気で向き合ってみればいい。

 

「あいつはああいう性格で変わらない」は後輩が先に変わるんじゃなくて、まず先輩が変わるべき。

 

悩みを解決してあげられなければ、一緒に悩んであげればいい。問題がわからないなら一緒に問題を探してあげればいい。

 

スマートになんでもしてあげる事が良い上司や先輩じゃないから。常に本気で考えて向き合ってあげる事が上司がやらなければならない、上司としてのまず初めの仕事だから。

 

なーんてチーム論の事を考えたある日の夕方。

 

 

それではそんな上司に愛を込めて

勝野太一朗

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  4. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  5. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事

関連記事

  1. 社員ネタ

    「出来なかった」じゃなくて「やらなかった」だけ。

    この日は「前髪の子」こと美希ちゃんとミーティング。…

  2. 僕の戯言

    ありのみコースに行ってきたんだ。

    アスレチックに行ってきやした。千葉県は市川市にある「ありのみコ…

  3. 僕の戯言

    三番目の男は「度胸と愛嬌」に決定!

    ◼︎勝野家三男 仁(じん) 通称ケンカマン…

  4. 僕の戯言

    多分ですけど詐欺にあいました。

    まだ確定ではないんですけど、十中八九そうだと思います。まぁこん…

  5. 僕の戯言

    僕たちのお正月

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。み…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 社員ネタ

    ごめん。内容よりもそれが気になって話が入ってこない。
  2. 僕の戯言

    こういう素敵な関係であり続けるんだ僕は。
  3. 僕の戯言

    終わりを思い描く事から始める
  4. 育児奮闘記

    怒るは自分の為。叱るは相手の為。〜撃沈〜
  5. 僕の戯言

    加藤諒さんに失礼だけど、似てるのはちょっと嫌だ。
PAGE TOP