僕の戯言

情熱は足りてるのか?

 

仕事をしていく上で結局最後に行き着くところは「情熱」だと思っています。

 

これは僕の持論ではありますけど、僕はそうだと自信を持って言えます。まぁ実際にテレビ「プロフェッショナルの流儀」でもプロフェッショナル達は大体最後のコメントで「情熱」ってワード出てきますし(笑)

 

 

 

情熱が足りないんだ。

 

自分に言い聞かす時があります。

 

何かが上手くいかない時、少し閉じてる時、そういう時は自分に問いかけます。「情熱は足りているのか?」って。

 

だって根本の問題だと思います。どれほど自分のやっている事に熱中できるのかって。

 

それがあれば、いや、それさえあればなんだって続けられます。

 

だってそうですよね?自分がやりたい事、やるべき事にどれだけ思いがあって、達成したくてやってるんだって。

 

だから考えるべきです。自分がやっている事が上手くいってないときは。本当に自分はそこに十分な熱を注ぎ込んで熱中してやっているかって。そう考えると上手くいってないときって、大抵手を抜いてますからね。

 

結局のところプロフェッショナルであり続ける人たちは妥協がない。やり続ける。求め続ける。そう出来るだけの情熱がある。

 

そういう事だと思います。

 

 

 

情熱を伝染させる

 

彼はたまに目の前の出来事に囚われすぎて、元々の根本の部分を忘れてしまうときがあります。

 

IMG_2347

 

でもいいんです。

 

チームで動いてるから。仲間同士で火を灯し合えばいいんです。自分ただ一人で何かをやり続けれる人はほとんどいないと思います。

 

上手くいかないときは助け合って気づきを伝えて、また燃え上がればいいんです。

 

いい感じの気まずい顔してますが、いいんです。

 

IMG_2348

 

 

 

あの2年前の「地球滅亡の危機の如くミーティングを迎えた日」に比べたら全然良くなりました。

 

あのときはまだ何も話してないのに、「これから僕は怒られる」でどれだけ絶望的な顔してるんだって思って逆におかしくなってきちゃって、説教は免れたっていう事件がありました。

 

*焼肉屋に到着した直後の顔

IMG_0850

 

出来ます??こんな顔できます???

 

笑っちゃいけないけど笑っちゃって。あまりにも絶望感が出過ぎてておかしくなっちゃって。

 

それで面白いから写メ連写で撮ってたら大樹も「マジで止めてください(笑)」って笑ってきちゃって。懐かしいなぁ。

 

IMG_0850

 

 

まぁ何をするにも情熱って大事だよねって話です。

 

それでは情熱男大樹に愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. なんか感慨深いものがあった入学式
  2. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  3. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  4. 父親としての子供との時間
  5. 親が結婚35周年だったんだ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    僕はこうやって子供からの票を集めてきた。

    坂西家長男イクト  通称 肉まんちゃん特技 叔父さんであるは…

  2. 僕の戯言

    子供の「絵」が意味するもの。

    勝野家長男 蓮ノ介  通称お調子者スペック 小学生として日々成…

  3. 僕の戯言

    オススメは「トマト味の焼き」です。

    この前ホクホクのバイトの子達に集まってもらって会議…

  4. 僕の戯言

    叱られない子供はどうやって育っていくんだろう。

    今日はすこーし真面目な話。最近自分の子供に…

  5. 僕の戯言

    新入社員に無意味に理解を示そうとする奴は自分にも甘い

    この時期になると、新入社員の仕事幅は別として気持ち…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 自分が親なんだって再確認する父の日
  2. 明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・
  3. 1つの不幸と10の幸せ
  4. 不思議な子だけど芯がある
  5. 子供の「絵」が意味するもの。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    リレーの選手に選ばれたみたいです。
  2. 僕の戯言

    もう「イクメン」って名称使うのやめませんか?
  3. 僕の戯言

    部下が自分の話を聞いてくれない人
  4. 僕の戯言

    ミクロコロンコロンの拾ったもの。
  5. 僕の戯言

    怒りのミクロコロンコロン
PAGE TOP