僕の戯言

昔は彼女に電話する時、「お父さんが出ませんように」だった件

これはお客様の予約の電話を取っている顔なんですけど、お客様気をつけてください!大樹こんな顔して予約の電話とってますから。

 

IMG_0826

 

 

まだ携帯電話が無かった時代は、友達と連絡とる時に家に電話をしなければならなかった。

 

だから知らずして、敬語を覚えていた気がするんですよね。例えば「夜分遅くに・・」とか「勝野と申しますが、◯◯さんいらっしゃいますか?」くらいの事は小学生でも言えていたと思うんですね。

 

じゃあ今の小学生は、そういう言葉は使えるのかなぁ?

 

言ってしまえば、高校生になってバイトするくらいまでは必要ないっちゃあ無いですよね。でもなんか便利な世の中になった故に、会社に入社した時とか、やらなくていい研修とか増えてる気がしないかなぁ。

 

これから時代が逆戻りする事は絶対にありえないので、家の電話はたぶん滅亡していきますよね。だって僕の家も一応は家の電話ありますけど、使う時ほとんどないですよ。

 

何か書類で書く欄があっても、「連絡とれる番号で」って言われて大体携帯番号書きますからね。

 

だからこの先携帯よりもっと便利な物は出るけど、家の電話がまた流行るは考えられないから、今の子達は彼女や好きな事の家に電話する緊張感はわからないんだもんなぁ。

 

 

 

相手のお父さんが出て無言で電話切ったこと。

男性なら絶対に経験ありますよね。

 

「この時間に電話するから出て!」って言ってあるのに、いざ電話してみると野太い声のおじさんがでて

 

 

「もしもし?」

 

 

 

もうまさにこの顔ですよ。

 

IMG_0826

 

 

 

出てって言ったじゃん!!

 

 

8時って言ったじゃん!!!

 

 

IMG_0826

 

 

だいたい言ってくるのは「お父さんの電話でるスピードが早い」「トイレ言ってた」なんですよね。

 

はぁ〜なんだか懐かしいなぁ。

 

アレはあれで楽しかったけどな。だからこそ電話をする価値って高かったと思うんですよね。

 

 

そんな事を電話応対マニュアルを見直してて思い出していたまだ少し肌寒い春の午前中。

 

 

それでは

 

「電話出てって言ったじゃん!!」

 

に愛を込めて

IMG_0825

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. なんか感慨深いものがあった入学式
  2. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  3. お、おう・・・
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 親が結婚35周年だったんだ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    何を買うかじゃなくて「誰から」買うか

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。今日の朝は次男が「…

  2. 僕の戯言

    後輩より先にまず先輩から変われよ。

    お仕事をしていてよく耳にする「業界をよくする〜」「…

  3. 僕の戯言

    何でも「真似」から始めてみよう

    仕事でもなんでもそうですけど、「真似」って大事ですよね。他の会…

  4. 社員ネタ

    大樹がスタイリストデビューしました!!

    先日に彼の2回目のスタイリストテストがありました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    目標を達成する為に大切な「3つの事」
  2. 僕の戯言

    「あたりまえ」の事を徹底して積み重ねるしかない
  3. 僕の戯言

    91%の人は行動に移さない話。
  4. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること
  5. 育児奮闘記

    子供の想像力とかはいつから無くなっていくの?
PAGE TOP