僕の戯言

ゴツ気味な男の情熱

 

古島大暉(ひろき)千葉県酒々井の方出身

 

顔が少しゴツ気味な男で奥さんと子供の3人家族。こんなにゴツい顔なのに奥さんが異常に可愛いって言う不思議な男。何か奥さんの弱みでも握ってるんじゃないかって、それかスッゲー財閥の息子なんじゃないかって思われるくらい、美女と野獣カップル。

 

そんなゴツ男がこの前電話に出ていた時に少し気になった事がありまして。

 

 

お電話ありがとうございますっ!!・・・って言ってるけど・・

 

凄い気になっちゃって・・・・

 

電話に出ている間終始気になってたんですよね。

 

 

手が・・・

 

 

IMG_0851

 

 

よく言われるのは電話応対の時でも実際に満面の笑みで応えた方がいいと。表情っていうのは声にも出るし相手にも伝わると。だから電話の前にワザと鏡とか置いてある所とかありますもんね。

 

電話しているとジャスチャーが入っちゃうのはわかるんです。手が動くのもわかるし、申し訳ない時は頭とか下げちゃうのもわかるんです。それ自体はよくある事です。

 

 

ただ所作が・・

 

 

少し女性らしくて・・・・

 

IMG_0851

 

 

 

そんなアンバランスな彼ももうすぐスタイリスト。

 

もうこの夏には彼もスタイリストデビューです。

 

この若さで自分の家族がいて、それを支えながら自分の仕事をしていく。ましてや美容師は「手に職」な仕事で、日々己の技術向上や知識向上の為に限界のない中で、限界を突き詰めていく。

 

今日はもう帰ろう。って日は自分で決められるが、彼はそれを許さず常に自分と向き合いながら同僚と切磋琢磨し、自分を考え家族を考え会社を考え日々努力しつづけている。

 

苦しくて現状から逃げ出したい時もあっただろうし、これからもそんな経験たくさんあるだろう。

 

でも彼は自分の仕事をそして生活を「楽しい」ものとし、その楽しい中での「経験」として壁も乗り越えて行くでしょう。

 

彼が持っている知性や理解度の高さや情熱を存分に活かしていって、彼が存分に輝けるよう僕の出来る限りのサポートとステージを作っていかなければと改めて思った、彼のデビュー前のオネエっぽい所作の出来事でした。

 

IMG_0851

 

 

あ、この動作は関係ないか(笑)

 

しかし不気味だわ。

 

 

それではゴツい顔の大暉に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  2. 父親としての子供との時間
  3. ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 僕の戯言

    自由と責任は必ずワンセットだという事

    この前の未来会議で思った事。…

  2. 僕の戯言

    父親が一人で子供を見る時の「凄い良い子だったよ」は間違え

    どの家庭でもあると思いますが、たまに半日、1日育児…

  3. 僕の戯言

    「親が楽しむこと」が子供を楽しませる秘訣

    春から夏にかけて気候が変わって行く中でのこの寒暖差はかなりキツイと感じ…

  4. 僕の戯言

    子供の頃の思い出って、何を基準に記憶に残ってるんだろう。

    この前のお休みに僕が子供たちの保育園をお迎えに行っ…

  5. 僕の戯言

    いやっ!お前絶対フザケてるよなっ!!??

    この前の個人ミーティングで僕が先に到着していて後か…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
  2. 育児奮闘記

    末っ子の特性ってありますよね??
  3. 僕の戯言

    まてまてまてーーーい!!それまだっ!お前っ!!
  4. 僕の戯言

    ホームページの写真はこれで正解でしょうか?
  5. 僕の戯言

    昔は彼女に電話する時、「お父さんが出ませんように」だった件
PAGE TOP