僕の戯言

【綿棒】働き方の未来図

 

この前彼と呑みに行ったんです。まぁ定期的に行ってますけどね。

 

そうです。

 

鶴育朗です!

 

IMG_0824

 

この前二人で話していて大爆笑なネタがあったんですけど、彼はもううちに入社して7年が経ちます。8年かな??(笑)

 

出会ったときは23歳とかでもうすぐ30歳になるんですよね。なんかそれが凄い不思議な感じがしてるんですけど、それより何より彼のトレードマークであったロン毛。

 

 

鶴がロン毛なのか?

 

ロン毛を鶴と呼ぶのか?

 

 

それくらい僕も彼も周りも「鶴=ロン毛」が定着していたんです。

 

これがイメージ通りの鶴

IMG_1428

 

 

それまで彼は体が必要以上に細く背も高い為、ショートスタイルにしたら綿棒みたいになっちゃうんじゃないか?って言ってしてこなかったんです。

 

なのにこの前急にバッサリ切ったんですよね。急にですよ?俺の許可もなく(笑)

 

 

 

そしたら残念な事に意外と似合う・・

IMG_1984

 

 

 

じゃあ今まで切らなかった7年間なんだったんだ・・

っていう話になって二人で爆笑してたんですよね。

 

短くする事だけは避けてきたのに、それだけはポリシーだって言ってたのになんだったんだって(笑)

 

新しい事への挑戦ってしてみるもんですよね。

 

彼は僕と一緒で3人の子供がいるんですね。彼の奥様も忙しく働いている。その中で彼が美容師として、子供の親として今どの状態である事がベストなのかを考えて、今年に入ってから少し働き方を変えたんですね。

 

パラレルワークまではいかないんですが、火曜日と日祝休み、そして平日は9時〜17時までの勤務になりました、

 

もちろん他の社員との待遇や条件も違います。売上に対しての条件も変わっています。それでもこれからの時代にその人に合った働き方が人それぞれあっていいのではないかと判断した結果です。

 

今回の事は「鶴との関係性」がもうすでにあったので、さほど難しい話ではなかったのですが、これからはスタート地点で様々な働き方を考えながら雇用をしていかないといけない時代がくると思っています。

 

それは美容業界だけでなく他業界も同じ事ですよね。他の業界ではとっくにやっている事なのかもしれません。

 

これから撮影の仕事や講習の仕事で外に出て、サロンワークに出れない日がある社員も出てきます。

 

時代の変化に対応し、変な考えに固執せず、人が本当に働きやすくいられる会社というものを常に模索してやっていきたいと思っています。

 

みんなが幸せじゃないと意味ないですからね。

 

 

それでは綿棒鶴に愛をこめて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 親が結婚35周年だったんだ。
  2. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  3. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  4. 苦しい時こそ
  5. なんか感慨深いものがあった入学式

関連記事

  1. 僕の戯言

    自分の「見たいようにしか世の中を見ていない人」

    もうこのアプリ本当に面白いんですよね。自撮りで一人…

  2. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。

    世の中には人気のある美容師さんと、そうでない美容師…

  3. 僕の戯言

    変わっていく中で変わらないもの【頭の話じゃない】

    櫻井孝一 通称オデキングスペック 弊社役員で社歴17年と重鎮の…

  4. 僕の戯言

    どんどん食べるようになってくるな。

    この前の休日のお昼に回転ずしに行ったんです。特に理由はなく、な…

  5. 僕の戯言

    自分の色を出す為に考えること

    夜中にコンビニの前で一人でアイス食べてるんです。…

  6. 僕の戯言

    一応泣いているみたいです・・・・

    彼が大人になるにつれて「真似」が出来るようになって…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘーホンホヘホハイを実際頼んでみた。
  2. 「世界より応援して欲しい」って言ってます。
  3. 「子供のお小遣いは報酬型」のメリットとデメリット
  4. 仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 「叱らない子育て」の意味をはき違えている親が多い

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    父親としての子供との時間
  2. 育児奮闘記

    子供の質問に困った時はこうすればいいんだ。
  3. 僕の戯言

    新社会人に告ぐ。目はこんなだけど真面目に告ぐ。
  4. 僕の戯言

    「印象」って凄く大事。
  5. 育児奮闘記

    繋いだ手を話さない
PAGE TOP