僕の戯言

人って意外と簡単に変われるはずなのにね。

 

雑貨屋さんでこのお面を見つけて、3男が怖がるかと思ってカブっていたら、怖がる事もせず、喜ぶ事もせず、ただただジーーっと見つめてくる。

 

IMG_2522

 

どう思ってるんでしょうね・・・すごい見てる。

 

単純に「お父さん何やってるんだろう?」ってなってるだけですよね。

 

まぁそんなどうでもいい話は置いておいて、人が変わるタイミングについて考えてみたんですよね。

 

 

 

本気で変わろうと思えば変わりだす

 

僕が仕事していて感じる事は、変わろうって思っている人はまずは行動が変わりだすんですよね。

 

どう行動が変わるかって言うとプラスの行動に変わりだす。

 

プラスの行動って結局のところ「やらなくていい事」を選択して、「やるべき事」だけに集中して徹底的にやる事だと思うんです。

 

ただその「やらなくていい事」って自分が面倒臭いとか続けるのが大変って理由で、自分都合のやりたくない事じゃないですよ。

 

アレもコレもやろうやろうってなって、優先順位がめちゃくちゃになってる自分の仕事を序列をハッキリさせるって言ってるだけで、面倒臭い事だけをうまくやらない理由にこじつける事ではないです。

 

でも変わらない人って、大抵がそういう人ですよね。

 

大した理由もないのにやらない理由を正当化するんです。でもやる事はわからない。だから変わらない。

 

逆に変わる人のパワーって物凄いんですよ。

 

この子なんかは本当に最近ガラッと変わりましたよね。

 

そうです。うちの前髪の子。

IMG_2017

 

ある事がキッカケで、「自分で動かないと変わらないな」って気づいたんですよね。そのある事って特殊な事ではなく、日常にある気づきです。いわゆる上司や周りの人に気づかせてもらうくらいの、日常的な事です。

 

今までもそういう経験をしてきているはずですが、今回は本当にガラッと変わった。なぜかというと責任を持ったからですね。

 

でも責任あるはずなのに、そういう行動とってない人もいますよね?

 

そういう人は「責任を他人になすりつけてる」んです。要は会社や組織の中で、責任があるポジションに就いていないって人はいないと思うんです。新入社員だって責任はあります。

 

ただ責任の重さが違うだけです。役職が上に行けば行くほど、責任の重さは変わっています。

 

だから上に座っている人で変わらない人ってほとんどの責任をまわりに押し付けているんです。あれはあいつのせい。これはこいつのせい。ここは会社のせいって。

 

だから変わらない。やる事もわからない。やりたくない事だけまわりに押し付ける。

 

まぁそんな奴は放っておきましょう。

 

本当は変われるのに「変わらない選択」をしているんだから。

 

 

それでは変わらない人に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. いや、100㌫全開だよ。
  2. 父親としての子供との時間
  3. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  4. 「フォッコ」と「きゅうり」
  5. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について

関連記事

  1. 僕の戯言

    「ひるキュン!」っていうTV番組の撮影

    僕がオフィスにて仕事をしていると、柴又店から電話が…

  2. 僕の戯言

    じーじが57歳になったんだ。

    最近お昼を抜いて夏に向けて本格的に体を絞りだしているのですが、明らかに…

  3. 僕の戯言

    新入社員に無意味に理解を示そうとする奴は自分にも甘い

    この時期になると、新入社員の仕事幅は別として気持ち…

  4. 社員ネタ

    情熱を持って制する

    「す、すごい緊張しますっ!」…

  5. 僕の戯言

    オススメは「トマト味の焼き」です。

    この前ホクホクのバイトの子達に集まってもらって会議…

  6. 僕の戯言

    三男が2歳になったんだ。

    勝野家三男 仁 通称イケメン3番目特有の容量の良さと、上に2人…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    甥っ子がレスリング始めたみたいです。
  2. 僕の戯言

    子供の頃の思い出って、何を基準に記憶に残ってるんだろう。
  3. 僕の戯言

    ものすんげー怖かった親父が。
  4. 育児奮闘記

    いや、100㌫全開だよ。
  5. 僕の戯言

    多分ですけど詐欺にあいました。
PAGE TOP