僕の戯言

平均的に高いより「好き」「得意」を伸ばす

今日はソリューションクルーの拓也さんについて少しお話をしようと思います。

ここ最近えらい変わって来たなって思うので紹介させてもらいます。

 

何も持たない子だと思っていた

まぁ入社当初ですよね。かなり色の濃い同期に囲まれ、その中で彼は目立った行動や発言も無く淡々と過ごしている様に見えたんです。

僕が経営者として見方が浅いだけの話なんですが、初めはそう感じたんです。

img_6666

パワータイプが多い中での彼に対する印象は「控えめな子」。大丈夫かな?やっていけるかな?って心配していたんです。

入社当初から行われている個人ミーティングでも、当たり障りない事を話してくる様な感じで、まだまだ腹の中見せて来ないなと。

それで半年くらい経った時ですかね。一度「辞めたい」って言ってきたんです。それで「よし、ここだな」って思って色々話したんです。まずは僕の熱い気持ちを。

そしたら彼の方から沢山話が出てきた。上手く行かない事、不満に思う事、大変な事、楽しい事、色々と出てきたんです。

なんかそれで安心しちゃったんです。いろいろな想いが聞けたから。「辞めたい」って言われたはずのミーティングが終わる頃には「盛り上げていきます!」ってなってなんです。

img_6669

その時言った「盛り上げていきます」は、きっと拓也の力を振り絞って自分にも言い聞かせる気持ちで言った言葉。

それでも彼がいろいろと話してくれた事が嬉しかった。

実は内に秘めた情熱を持っていた。でなければあんな話はできない。

 

 

何も持たない人なんてこの世にいない

 

何にも得意な事がない。っていう人なんてこの世に存在しないと思うんです。得意じゃなくても「好き」は絶対にあるはず。

じゃあ無理に平均を取らせるよりは「好き」を「得意」をまず伸ばしていた方が為になるんじゃないか?楽しくなるんじゃないか?っていろいろ考えたんです。

それがまさに彼がこれからやろうとする仕事。

美容室って枠に捉われず、ホクホクの事も任せようと思っています。

だってめっちゃ良い案をどんどん出してくる。自分の好きな事や得意な事だからどんどんアイデアを出してくる。実際に今やってるホクホクのイベントも拓也が案を出したもの。

img_6666

さぁいきますよ。

人の能力を活かすも殺すも経営者次第。そんな風に自分を戒めてガンガンやっていきます。

良い刺激をありがとう。

 

それでは拓也に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  2. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  3. なんか感慨深いものがあった入学式
  4. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 僕の戯言

    三番目の男は「度胸と愛嬌」に決定!

    ◼︎勝野家三男 仁(じん) 通称ケンカマン…

  2. 僕の戯言

    あなたは本当に後輩と向き合っていますか?

    この前「チーム2年目」の会議に参加したんですけど、…

  3. 僕の戯言

    走り出すための準備を

    定例会議以外でお勉強会させて頂くんですね。…

  4. 僕の戯言

    フリーマーケットをする意味

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです。今日は先日に行われ…

  5. 僕の戯言

    結局のところ「行動する人」しか成功しない

    うちでは月一回全社員で全体の会議を行います。美容室も飲食も全員…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 彼は貝になりたいわけじゃない
  2. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。
  3. 成田ゆめ牧場でキャンプしたら山羊が怖すぎた件
  4. KFC始動したぜ!!
  5. イベントの罰ゲームにオススメの18禁カレー

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    子供の「絵」が意味するもの。
  2. 僕の戯言

    それは「男らしさ」とは違うと思うんだ俺は・・・
  3. 社員ネタ

    毎日続けることで才能をも凌駕する
  4. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
  5. 社員ネタ

    「感謝」っていう言葉がまず思い浮かぶ
PAGE TOP