社員ネタ

ただの通過点に過ぎない

こ、この男のこのポーズはなんなのだろう?

写真を見返すとこの舌を出すバージョンの顔がすごく多いんだけど何かのメッセージなのか?

IMG_7775

まさか「お前の事は舐めきってるぜ」っていう合図なんでしょうか?

そういうえば9月にヘアショーをやった時も、みんなが緊張しながら控え室で待っていると一人だけ舌出しペロンちょで自分のヘアをセットしていたんです。

衝撃の舌出しペロンちょ事件記事

まぁいいけど。

 

 

大切な事を見失わない。

彼にとってここ半年くらいは沢山の、本当に沢山の出来事が起きていました。

たぶん彼の人生でまぁまぁインパクトの強い出来事が起きていたと思うんです。起きていたというか、起こしたって言った方が正しいかな。

でもね大樹。人生ではそんな事は山程起きる。これからももっともっと沢山の出来事が起きるし、起こすと思う。

 

でもそれでいい。

 

俺は絶対に逃げずに受け止めるし、お前はその都度しっかり自分の力で起き上がればいい。

お前の中でもし「汚点」とか思ってるなら大間違いで、俺は「起点」だと思っている。起点の意味はわかるね?物事の始まる地点だ。

だれでも失敗はあるし、もちろん俺にもお前の失敗なんか比にならないくらいの失敗をしてる。

知ってると思うけどw

でもその失敗を自分の「汚点」にするか、「岐路だった」「あれが起点だった」とするかはこれからの自分次第。

結局のところ、失敗したって諦めずにそれを続けていけば、それはただの通過点だから。

行動している奴にしか、チャレンジしている奴にしか失敗は出来ないから。

途中で止めちゃうから失敗になっちゃうんだからな。

IMG_7774

 

ビシバシいくからな。

お前がこのミーティングの時に僕の想いをどう受け止めたかはわからないし、どれくらい理解したかもわからない。

たぶん半分くらいは届いていると思う。

こんな事を言うとまた周りの人に「俺は考えが甘い」とか言われるかもしれないけど、俺は言い続けようと思うよ。

信じる力より強いものはないからね。

自分を信じて、仲間を信じてやっていったほうが楽だしね。

お前の今年のテーマは「自分に打ち勝つ」だろ?

それが一番大変だからな。人に勝つより何倍も大変な事。だからみんなで協力して全員がそうなれるようにしような。

IMG_7776

なんか写真見てたら腹立ってきたな。

まぁいいや。とにかくこれからビシバシいくからな。

覚悟しておけよ。わかったな?

 

 

 

IMG_7775

 

 

 

それでは大樹に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  2. 君を見ていると思うこと
  3. 【こたつ】があるとみんなダラける説
  4. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。
  5. とにかく楽しすぎる私の日常

関連記事

  1. 僕の戯言

    あなたは「その役」を演じていますか?

    いい顔してますね。凄い良い顔してるわ。よく…

  2. 僕の戯言

    仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です!今…

  3. 僕の戯言

    【二人のダイキ】「他業種に学」の会に行って思った事

    月に一度のC2チームミーティングは必ず「意味のあるお店」に行くんですね…

  4. 僕の戯言

    【これは驚き】すげー新人が入ってきた・・・

    そろそろ紹介しましょうか。今年入社したうち…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    このスポーツやってほしいとかはただの親のエゴ。
  2. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。
  3. 僕の戯言

    どうしてうちの子は食べてくれないの・・って悩んでる親御さんへ
  4. 僕の戯言

    全力朝礼
  5. 僕の戯言

    感謝する日々
PAGE TOP