僕の戯言

自分の色を出す為に考えること

 

夜中にコンビニの前で一人でアイス食べてるんです。

 

ある男がコンビニから出てくるのを待ちながら夜12時にアイス食べてる33歳なんです。

 

IMG_4511

 

 

 

あいつ遅いな。何やってんだよ。

 

 

 

IMG_4510

 

 

 

 

彼の名は「古島ひろき」

 

やっと出てきて「すいません。お待たせしました!」

 

うん。大丈夫だよ。座りなよ。

 

 

 

 

「はい!」

 

 

 

 

 

って近いなっ!!!

 

IMG_4513

 

 

距離近くないっ??夜中に男二人でベンチでゼロ距離で座ってアイス食べててっておかしくない??

 

 

 

「す、すいません・・ベンチの端っこ少し汚れてるんで・・・」

 

 

 

 

「ははっ。でも近いですよねw」

IMG_4512

 

 

お、おう。まぁいいけど。

 

 

 

見た目とは違い綺麗好きと綺麗な奥さん

 

スッゲーゴツいんですよね。顔が。

 

IMG_3046

 

 

でも彼はこの夏でスタイリストになりました。こんな顔ゴツいんですけどスタイリストになったんです。

 

そしてスタイリストになった事によって、仕事に対する考えや、お客様に対する姿勢を改めてバージョンアップしなければと、かなり奮闘中なんです。

 

彼は綺麗な奥さんと可愛い娘がいます。社員の奥さんだから言うのじゃなくて、本当の綺麗です。

 

昨年の夏に横浜から家族で引っ越してきて、うちに入社してくれました。それは相当な覚悟だったと思います。

 

でもあの時より1年が経ちます。彼からその覚悟を感じます。

 

人は大切なもの守ったり覚悟を決めた時に本気で動き出すのだと思います。

 

IMG_3606

 

彼は必死になって自分の「色」、要は「個」を出す事を必死になって考えています。

 

自分の印象ってそうそう簡単に人につけられるものではありません。意識的に自分を押し出していかないと絶対に出せません。

 

友達なら大丈夫。だって何年も一緒に居たりするから。「好き」が前提だから自分を知ろうとしてくれる。

 

でもお客様はそうはいかない。お前の事なんて知らないし、そもそも最初は興味すらない。

 

だから自分で自分の色を押し出して行かないとねってお話を二人で熱く語った夜でした。

 

頑張ろうな大暉!

 

にしても近いわっ!!

 

 

IMG_4513

 

それでは大暉に愛を込めて

勝野太一朗

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. お、おう・・・
  2. 風邪で喉が痛くて野菜が食べれない。
  3. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  4. 神聖な入社式の場で新人の子が爆笑を隠しきれなかった理由
  5. いや、100㌫全開だよ。

関連記事

  1. 社員ネタ

    断然トップ。略して「ダントツ塾」に行ってきた。

    うちの大樹と健也、琴音がダントツ塾っていうものに入…

  2. 僕の戯言

    りょ、料理うまいよね・・・・

    先日は三男の誕生日会がありました。その前の週に次男の誕生日会が…

  3. 僕の戯言

    「孫は別格」としか思えない

    今年から導入された我が家のコタツ。居心地が良すぎて自分のベッドが何処な…

  4. 僕の戯言

    【こたつ】があるとみんなダラける説

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。先…

  5. 僕の戯言

    【現行犯逮捕】その白々しい顔はマジでヤメろ・・・

    三男はもうすぐ1歳になるんですけど、1歳って急に色…

  6. 僕の戯言

    最高に嬉しそうな2人の誕生日会

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョー兼キャンパーの僕です。こ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    3番目の男は色々と大変だ
  2. 僕の戯言

    終わりを思い描く事から始める
  3. 僕の戯言

    目標を達成する為に大切な「3つの事」
  4. 僕の戯言

    学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する
  5. 僕の戯言

    91%の人は行動に移さない話。
PAGE TOP