社員ネタ

そりゃー笑うでしょう。笑う門には福来たる。でしょう。

 

えーっと確か時刻は夜中の12時近く。

その時間にこの男のこのテンションは大変マズイ。ヤバイな。スッゲー楽しそうだな。スッゲー笑ってるな。

 

img_6664

 

 

ウルトラマンコスモス

 

きっかけはこの一枚のメニュー表なんです。

この前のフードフェスタの時に使っていた、メニューをフードフェスタに遊びに来てた杉浦太陽さんにサインしてもらったっていう事から始まったんです。

まぁ別にお前がもらったわけじゃないけど、すっごい嬉しそうで良かったよ。

img_6660

うん。ちょうどその時戦隊系の話をしていたんです。僕の子供が何をハマってるとか、坂西やホクホクのクルーも混ざってみんなでワイワイやっていたんです。

俺の時はこれやってた。とか、あれやってたとか。

それで杉浦太陽さんがウルトラマンコスモスだったって大樹が言ってたんですね。

大樹「そう言えば杉浦太陽さんもウルトラマンコスモスでした!」

僕「あーそなんだ。」

大樹「すげーカッコ良かったですよ!!」

僕「ふーん」

大樹「僕ずっと見てましたもん」

僕「ふーん。そうなんだ」

僕「そんな小さい時のそこまで言うんだから印象的なんだね」

大樹「はい!小六の時です!」

僕「?」

坂西「・・?」

大樹「え?小六?ですよ・・」

 

img_6663

 

いやいやいやいや!

そこじゃないそこじゃない!!!

小五か小六とかどっちでもいい。

そこじゃなくてもうすぐ中学生の子がそんなに一生懸命観る!??

俺はてっきり5、6歳の話をしてるのかと思ったよ。

img_6664

 

小学校6年生なんて髪とか染めたりしてたよ。ピアスは怒られるかなぁ?なんて考えてた時でウルトラマンを毎週欠かさずって言う、イチローでいうところのそのルーティーンちっくなのは無かったわ。

 

「え?そうなんですか?」

img_6663

みんなバイトの子達も爆笑してましたよ。

まぁいいですよ。自由ですから。好きにしなよ。

大人になるまで観てようが、子供の時すら見ていないとか自由ですから。

ただ始めの会話で勝手に俺が小さいころの大樹をイメージしながら話してたから、そのギャップが面白かっただけだから。

img_6662

 

さぁ!そんなに思い入れのある杉浦太陽さんのサインと写真撮ってあげるから、それ持ってこっち見て!

 

img_6660

 

楽しもうぜ!

それでは大樹に愛を込めて

勝野太一朗

 

お気軽にFacebookの友達申請してくださいね!

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 苦しい時こそ
  2. いや、100㌫全開だよ。
  3. 彼は貝になりたいわけじゃない
  4. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 僕の戯言

    イベントの罰ゲームにオススメの18禁カレー

    季節の変わり目だからなのか、昨日の揚げ物のせいなのか、めちゃくちゃ顔が…

  2. 僕の戯言

    「それ・・お前のさじ加減だろ・・・」って絶対に言う話。

    うちでは美容室も飲食もブラックボードを活用するんで…

  3. 僕の戯言

    花見したんだけど、花見の前の辛い出来事を報告する

    毎年恒例の花見をやったんですね。&nbsp…

  4. 僕の戯言

    新入社員に無意味に理解を示そうとする奴は自分にも甘い

    この時期になると、新入社員の仕事幅は別として気持ち…

  5. 僕の戯言

    【綿棒】働き方の未来図

    この前彼と呑みに行ったんです。まぁ定期的に行ってま…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    両親の結婚記念日にサプライズをしたのはいいけど。。。
  2. 僕の戯言

    加藤諒さんに失礼だけど、似てるのはちょっと嫌だ。
  3. 僕の戯言

    部下が自分の話を聞いてくれない人
  4. 育児奮闘記

    3番目の男の苦悩
  5. 僕の戯言

    このスポーツやってほしいとかはただの親のエゴ。
PAGE TOP