僕の戯言

幸せメッセージ

 

これだけ情報が溢れている世の中で仕事をしていると、お客様と自分達の間にしっかりとした「共感」を見つけないと、お客様から選んでもらえなくなってしまうんですよね。

 

なので会社や商品など「共感を創る」事が大切だと思うんです。

 

 

いまいち何をやればいいか分からないアンケート

お客様の声を集めようってなってアンケートとかもやってみたんですね。

いわゆる普通のアンケートです。

 

◼︎クルーの接客はどうか?

◼︎仕上がりはどうか?

◼︎お店はきれいか?

 

みたいなアンケートです。

 

まぁ皆さんやってはくれるのですが、この声を聞いてどう活かすのかって難しいですよね。

 

仕上がりは良かったか?は五段階中④だとして、じゃあ⑤になるまで頑張ろう。って。

 

お店は綺麗だったか?は五段階中⑤だったから、もう何もしなくていいや。ってならないですよね。

 

僕もこういうアンケートをやる時はそうですけど、サァーっと◯つけていきますよね。だからこれだとあまり意味がないんです。

 

 

聞き方を少し変えてみました。

 

なので「お客様が感じるソリューション」として幸せメッセージや熱いメッセージをお願いしたんです。

 

圧倒的にお客様は真剣に書いてくれますし、書いてもらうクルーのモチベーションも上がりますよね。

3月17日

 

クレームを聞かないと問題解決にならないんじゃないか?ってなるかと思うんですけど、お客様のいい声を集める事によって、本当に僕たちが解決しなければいけない問題が見えてくるんですよね。

 

 

「一言熱いメッセージをお願いします!」

こういうメッセージを書いておくと、お客様も真剣に書いてくれるんです。

 

3月28日

 

実際に仕事をしていると、誰でもそうですがクレームより「いい言葉」を聞きたいですよね。

でもそのいい言葉の部分が共感しているところだと思います。

 

だからとっても大切ですよね。

 

これからもバージョンアップしながら、お客様との関係性を築いていきたいですね。

 

 

それでは皆様に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 苦しい時こそ
  2. 自分の妻の呼び方を「嫁」「奥さん」は間違っている件
  3. 君を見ていると思うこと
  4. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  5. 親が結婚35周年だったんだ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    91%の人は行動に移さない話。

    何かを始めるってなった時に実際に始める人数の割合は…

  2. 僕の戯言

    多分ですけど詐欺にあいました。

    まだ確定ではないんですけど、十中八九そうだと思います。まぁこん…

  3. 僕の戯言

    【教育方針】どんな時でも礼儀正しく

    ジーーーーーーーーーーー・・・・・&nbs…

  4. 僕の戯言

    「人と違ってていい」と思うんです。

    社会に出て働いて組織に属していると、絶対にどこかで…

  5. 僕の戯言

    父親が一人で子供を見る時の「凄い良い子だったよ」は間違え

    どの家庭でもあると思いますが、たまに半日、1日育児…

  6. 僕の戯言

    初めての錠剤は最高だった

    今日は3月下旬から4月上旬の気温みたいですが、みなさん変わりなくお過ご…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初めての錠剤は最高だった
  2. 親がやらせたい習い事と子供のやりたい事
  3. 「孫は別格」としか思えない
  4. 「親バカ」と「バカ親」は全然違う
  5. さすがにヒドい事件だと思った

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    昨年末に過去最高記録を出せた理由
  2. 僕の戯言

    加藤諒さんに失礼だけど、似てるのはちょっと嫌だ。
  3. 僕の戯言

    んーーーーっと。ちょっと待って・・【緊迫のトレーニング】
  4. 僕の戯言

    両親の結婚記念日にサプライズをしたのはいいけど。。。
  5. 僕の戯言

    おねちゅ(お熱)
PAGE TOP