僕の戯言

どっちが大事?「やる理由」と「やらない理由」

 

えーっとですね。また走り出してるんですよね。

 

人生を走ってるとかそういう事じゃなくて、健康の為はもちろんあるんですけど自分を律するというかなんというか。そういう意味合いを込めて走るんですよね。

 

そうです。土手です。

 

IMG_2196

 

運動不足が過ぎてるんで、もう4、5キロ走るとマジでぶっ倒れそうになるんですよね。でも気持ちがいいんです。爽快。

 

息切れしてキツイっていう感覚よりは、気持ちがいいって感覚の方が大きいですよね。こんな運動不足の僕でそれを感じるんですから、ある程度走れるようになったら、もっと気持ちが良いんでしょうね。

 

 

 

でも走るまでに「いいわけ」を探そうとする自分がいる

 

「走らなくていい理由」を1000個くらい見つけようとする自分がいるんですよ。

 

時間が遅い。腰が痛い。明日早い。風が強い。頭が痛いかもしれない。眠い。疲れてるのに無理するのは良くない・・・

 

こんなの全部クリアしてる日なんて絶対にあるわけないんですよ。そんな人間は絶対にいないんですよ。

 

もちろん本当に出来ない場合もありますよ。足の骨折ってるとか・・・マジで体に不調をきたしてる場合以外で「できない理由」ってないと思うんですよね。時間は自分がどこかでつくればいい。

 

朝4時くらいから仕事で夜中も2時くらいになるっていう人はさすがに厳しいかもしれませんが、そこまで時間をつくれないくらいな人も中々お目にかかった事がない。

 

だから「できない」じゃなくて「やらない」だけ。

 

ダイエットでも勉強でも遊びでも仕事でもなんでもそうですけど、「できない」「時間ない」って言っている人のほとんどが「やってない」だけ。

 

いわゆる「やらなくていい理由」を自分で探して自分に言い聞かせてるだけ。

 

IMG_2197

 

忙しかろうが何だろうがやる人は「たった一つのやる理由」を大事にするんですよね。そういうのを信念って言うのかなって思っちゃいます。走るだのダイエットだのなんでもそうですけど、続けるには信念が絶対に必要です。

 

これは自分にも言い聞かせてる事ですが、「続ける理由」を大事にして、目的を失わずに何でもやってきたいですね。

 

それにしても疲れるわ。

 

走り出しにはいつも思うわー「帰りたい」って(笑)

 

 

それでは「やらない理由」を一生懸命探す人に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!
勝野 太一朗

最新記事 by 勝野 太一朗 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 彼が【男泣き】をした理由
  2. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  3. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  4. 親が結婚35周年だったんだ。
  5. 学ぶ事の楽しさを子供を見ていて実感する

関連記事

  1. 僕の戯言

    父の日でマジで少し涙が出そうになった件

    えーっと。父の日のお話ですが、うちの父の日はこの前…

  2. 僕の戯言

    嵐山渓谷に行って来たんだ。

    どーもー!美容室と鉄板焼きの社長、そしてキャンパーのどうも僕です。…

  3. 僕の戯言

    納得目標?それとも強制目標??

    最近なんだか彼女と飲んでるといろいろ感じる事が多く…

  4. 僕の戯言

    とにかく楽しすぎる私の日常

    どーもー!キャンパー兼美容室と鉄板焼きのシャチョーです。この前…

  5. 僕の戯言

    子供のお小遣いは定額制??

    さてみなさんのお家ではお子さんのお小遣いについ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 僕たちの忘年会ってこんな感じ
  2. 今日で7歳になる君へ
  3. 今日誕生日迎えた櫻井氏に捧げるメッセージ
  4. クリスマスの裏話。親の苦労子知らず・・
  5. 最近のミクロコロンコロン事情

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    友達に感謝。大切な場所だなって改めて思う。
  2. 僕の戯言

    大切な時間を無駄にしない
  3. 僕の戯言

    ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. 僕の戯言

    35歳を存分に楽しんでいきやす!
  5. 僕の戯言

    息子よ
PAGE TOP