僕の戯言

素敵な人たちに囲まれてるってしみじみ感じた件

 

やっぱりSNSって素晴らしいなって改めて思いますね。

 

だってSNSが無かったらこんな素敵な宴が開かれなかったんですよね。

 

僕が初めて社会人として働いたstudioVの同期のメンバーと飲む事になったのが、もともと僕が社員と「会議してます!」なんてFacebookでアップをよくしていたら、もと同期の一人が「僕も会議お願いします!」なんて茶化してきたと思いきや本気で飲もうと言っていたんですね。

 

有難いですし素直に嬉しいです。

 

IMG_2330

 

 

思い出話が尽きない

 

僕が実質働いたのは3年くらいなんですね。そのあとすぐ海外に行ってってなっていたので、本当に10年以上会ってないんです。

 

でもこうして会う事が出来てSNSを見ていれば、今みんなが何をやっているかくらいは大まかにはわかるので、それほど浦島太郎にはならないんです。

 

だけども一緒に働いていた期間より、会っていない期間の方が圧倒的に長いのに妙に安心感があるんですよ。何なんでしょうね?

 

僕が「なんか会ってなかった気がしない」って言ったら、一人が「下積み時代を一緒に過ごしてる濃さは違う」って言ってたんですね。

 

なんか本当に素敵な奴らに囲まれてるなぁーってしみじみ感じちゃいました。

 

 

 

サボる事ばっかり考えてた入社1年目

 

って話でみんな盛り上がりましたね(笑)

 

僕以外はみんな不真面目だったので僕は同期のフォローしていくのが本当に大変でしたけどね(笑)

 

練習しないですぐ帰ってしまう奴いたり、会社の買い出しに行ってそのまま飯食いに行ったりとそんな同期ばっかりでしたからね。僕はフォローが大変でした。

 

そんな事も今ではいい思い出で、今では自分の会社を作っていたり、撮影やらなんやらで雑誌とかに出ていたり、マツエクやって自分探しの旅に出ていたりと、とにかく元気で楽しそうにやっていて何よりです。

 

でも本当に僕にとっては財産ですかね。

 

たまーに連絡するくらいはしていたんですけど、やっぱりこうやってフェイストゥフェイスで会うのは最高ですね。

 

みんなも忙しいし、適当だから毎月やろうは絶対やらなくなるから、次回は忘年会でって僕たちらしい約束をしましたね。

 

最高の仲間。

 

大切にしていきます。

 

次回は他の同期も来てくれるかなぁ。

 

それでは小池と北島とゆっこに愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 「フォッコ」と「きゅうり」
  2. 日に日に成長していく彼らを見て思う事
  3. 大人になってからでも大丈夫!運動神経が良くなる方法。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 男だらけのスーパーは気をつけるべし

関連記事

  1. 僕の戯言

    不思議な子だけど芯がある

    今年の4月に入社した3人のうちの一人の優衣。僕たちが専門学校に…

  2. 僕の戯言

    明日はフリーマーケットだから雨降るなよ・・

    どーもー!美容室と鉄板焼きのシャチョーです!お陰様でs…

  3. 僕の戯言

    男の子はみんなお父さんが大好き!

    勝野家の三男でイケメンと言われまくってる「仁」…

  4. 僕の戯言

    どんな関係性を作るかは自分次第

    先月に良子が退社したんです。15年という月日をうち…

  5. 僕の戯言

    【子供の夢】◯◯になりたいってすぐ言うじゃん!

    みなさんは子供の時の夢って何でしたか?その夢通りの…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    3歳ギャングのイヤイヤ期【パイの実事件】
  2. 僕の戯言

    親父としてその事だけはツッコマずにはいられない。
  3. 僕の戯言

    目標を達成する為に大切な「3つの事」
  4. 僕の戯言

    手作りケーキにしては上手すぎてひく。
  5. 育児奮闘記

    ニテナイフタリ
PAGE TOP