僕の戯言

親友の結婚式が素晴らし過ぎた件

 

この前20年来の親友の結婚式に参加させて頂きました。

 

素晴らしい結婚式でした。

彼や奥さんの親に対する「想い」や、お互いへの「思いやり」がひしひしと伝わって来る言葉で締めくくっていて、最後には僕も涙してしまいました。

IMG_0113

 

 

結婚とは同じ方向を見る事だと思う

恋愛をしている時はお互いが向き合っているだけでいいと思いますが、結婚はお互いが手を取り合って、同じ方向を見て進んでいく事だと思っています。

 

もちろん結婚しても向き合わなければいけません。

 

でも「結婚」と「恋愛のお付き合い」は違い、好きだけの感情では上手くいかないと思います。

 

彼ら夫婦の言葉を聞いて尚更思った事ですが、お互いを信頼し合ってないといけないという事です。

IMG_0122

 

彼や奥様の発する言葉からは、お互いを信頼し合っているというのが凄く感じます。

 

結婚してただただ楽しい事ばかりなんて事は絶対に有り得ないですし、喧嘩とか何かあった場合にいかに二人が話し合って、認め合えるかが対戦つなんじゃないかと思います。

 

それが信頼ですからね。

 

この二人は最高にお似合いの夫婦ですね。

 

 

でもなんかちょっと腹たったんだよな。

 

マジで良い結婚式でした。

本当に感動した。

 

ただ1箇所だけすごい気になった点があったんですよ。

チャペルで式が終わり退場する時に、僕が写真を、みんなはフラワーシャワーをってなってたんです。

 

僕も結構枚数を撮ってたんですけどちょっと気になっちゃって。

 

 

 

あいつのこの顔

IMG_0196

 

 

なんだろう。

嬉しい顔とか感動してる顔じゃないんですよね。

 

 

なんか半笑い

 

 

こんな顔20年で初めて見ましたよ(笑)

IMG_0195

 

 

なんか何なんでしょう。

主役ですよ。

奥さんが主役だから準主役か。

 

それでもこの日は何でもアリですよ。

だって本人の結婚式ですから。

 

 

でもこの半笑い

IMG_0196

 

 

 

まぁいいや。

来週飲むとき問い詰めてみよう。

 

 

 

それでは鼻で笑ってそうなチャゲに愛を込めて

 

 

 

フっ・・・・

IMG_0196

 

 

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 「フォッコ」と「きゅうり」
  2. 男だらけのスーパーは気をつけるべし
  3. ミクロコロンコロンのお食事事情
  4. 今年も恒例の海で散々遊んだ件について
  5. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。

関連記事

  1. 僕の戯言

    SNSってやっぱり凄いよなぁ。って改めて思った。

    このワードプレスで毎日ブログを書く事を決意して3ヶ…

  2. 僕の戯言

    子供たちとの買い物中に僕が終始この顔だった理由。

    先日海行った帰りに車を洗車しに行ったんです。…

  3. 僕の戯言

    新入社員を迎えるにあたって僕たちが準備する事

    今年度の卒業予定の学生の面接が終わり、来年度も2名…

  4. 僕の戯言

    「ひるキュン!」っていうTV番組の撮影

    僕がオフィスにて仕事をしていると、柴又店から電話が…

  5. 僕の戯言

    「出来ない」って言ってる人間のほとんどが「してない」だけ

    仕事をしていて思うんですけど、過ぎてみれば「あの時もっと出来たなぁ」っ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 社員ネタ

    KFC始動したぜ!!
  2. 僕の戯言

    これから社会人になる人よく聞いてください。時間管理の話
  3. 僕の戯言

    自分をいかに受け入れられるかだぞ!!
  4. 僕の戯言

    仕事を任せる事は責任を押し付ける事とは違う
  5. 僕の戯言

    古き良き時代の文化「凧上げ」
PAGE TOP