僕の戯言

楽しい楽しいBBQ

はい!やってきました!

毎年恒例のビッグイベントBBQ!

ドンっ!!とね。

 

絶対に成功するイベント。そう。それがBBQ

このイベントだけは失敗したことがない。

天候に恵まれない、誰かが来れない、美味しく肉が焼けない、気温30度を下回る。

そんな不備が一切ないのがうちのBBQイベントです。

しかし暑かった。今年初の夏日と言われる日にかぶる最高のBBQ日和。

今年入社したルーキーズの騒ぎっぷりに負けない様に全力で遊んできました。

今年も同様にルーキーズの出し物がありました。この暑い中で学ランを来てダンスを踊り、そして我武者羅応援団として僕と会長を応援したくださりました。

これは我武者羅応援団が僕を応援してくれている所。

凄い辱めにあってる気分でしたし、「お前らが頑張れよ」って思いながら応援されていました。

そしてもう一つのお決まりと言ったらデスソースフリスビー

ルールは簡単です。男女ペアで組んでまぁまぁ離れた距離でフリスビーを投げキャッチ出来ればセーフ。

出来なければドクロマーク付きのデスソースをソース煎餅で挟んで食べるっていう粋なゲームです。

まぁ投げる技術がかなり重要になってくるこのゲームは大体女子が投げます。

そして男子が走って転んで取るっていうのが盛り上がる流れです。

ほとんどのペアが失敗し、デスソース煎餅を食べると大体こうなります。

それ以外にも水風船をただ投げ合いそれが無くなるとホースを使ってただ水を掛け合うっていう作業があったんですけど、僕自身が濡れすぎて写真が撮れませんでした。

 

 

こういう時間が大事だなって思ふ

こういう時間を共有した後ってどこかチームが違うんです。

普段は見れないだろうって一面を見れるいい機会ですよね。比較的仲のいい組織だと思いますが、圧倒的に近づき方が違います。

だからこそこれからはこういう時間をもっと増やしていきたいなって思います。

BBQも終わりを迎える頃「海も楽しみー!」って言ってたルーキーズの言葉がなんだか嬉しかった夏の始まり。

ちなみに飲食も運営している僕たちBBQは結構マジなので、お肉も店で使っているステーキや生ビールやサワーのサーバーもあります。

興味のある方は是非とも来年はお越しくださいw

 

それではみんなに愛を込めて

勝野太一朗

 

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!
  2. 「目的」と「手段」をしっかり分けていますか?
  3. お、おう・・・
  4. 会社の花見が初めて成功したんだ。
  5. 親が結婚35周年だったんだ。

関連記事

  1. 僕の戯言

    多分ですけど詐欺にあいました。

    まだ確定ではないんですけど、十中八九そうだと思います。まぁこん…

  2. 僕の戯言

    【現行犯逮捕】その白々しい顔はマジでヤメろ・・・

    三男はもうすぐ1歳になるんですけど、1歳って急に色…

  3. 僕の戯言

    季節ごとのイベントってやっぱり大事だなって件

    うちの会社では季節ごとにそのイベントを楽しんでお客…

  4. 僕の戯言

    男だらけのスーパーは気をつけるべし

    先日ですね。妻が体調を崩しまして、どうにもこうにも動けなそうだ…

  5. 僕の戯言

    不思議な子だけど芯がある

    今年の4月に入社した3人のうちの一人の優衣。僕たちが専門学校に…

  6. 僕の戯言

    なんだなんだなんだ?なんだコレ!?

    甥っ子が保育園決まったみたいで、この春に入園。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    ランドセルが届いたんだ。
  2. 僕の戯言

    本当にあった怖い話。〜九十九里の守り人〜
  3. 僕の戯言

    納得目標?それとも強制目標??
  4. 僕の戯言

    「この水着どうですか?」うん。どうでもいい。
  5. 育児奮闘記

    大人になるにつれて「常識」に囚われてる自分がいる。
PAGE TOP