僕の戯言

不思議な子だけど芯がある

今年の4月に入社した3人のうちの一人の優衣。

僕たちが専門学校に説明会に行った時に彼女がうちに興味を抱き、速攻で会社見学に来てくれて、面接当日は迷子になって辿り着けないと連絡があった(時間には間に合いました)粋な女の子。

 

メルヘンの住人かと思ってたらやっぱりメルヘンだった

どことなくうちの美希に空気が似ているんですね。

なんて言うんでしょうか?独特の世界観を持ち合わせていると言うか、なんか自分ワールド色濃く出てると言うか不思議な感じの子なんです。

この日も「社長!見てください!これ読めますか??」

う、うん。

トウキョウトッキョキョカキョク・・・・

「そのあとも読んでください!続きがあるんです!」

 

う、うん。

 

トウキョウトッキョキョカキョクキョクチョウキョウキュウキョ・・・・(東京特許許可局局長今日急遽休暇許可拒否)

 

 

・・・・・・

 

 

わ、笑ってる・・・

 

ワ、ワラッテルヨ・・・・

 

誰か来て欲しい。

今すぐにこのミーティングに誰か来て欲しい。

そんな思いは届かずにお仕事の話は始まりました。

 

うんうん。よしよし。

僕の不安をよそにお仕事の話はしっかりできました。

表面上のフワフワとはだいぶギャップのある考えや、自分や周りの分析、だいぶシビアなところ付くなと感心したし、やっぱり将来が楽しみになりました。

もちろんまだまだ荒削りも荒削り、自分の不出来さがそのまま不満として感じているところは「そんな甘いもんじゃないぞ」と一喝し、逆に優衣ってこう言う所が素晴らしいよねっていう部分も理解してもらいました。

上級者への道のりは己を知りて一歩目。

そう安西先生がおっしゃっていました。(*スラムダンク)

前に進むためには、まずは今自分がどこに立っているかを把握しないといけない。耳に入れたくないことも入れないといけない。そこから歩き方や歩く速度が変わってくるって言うことですよね。

逆を言えば、自分と冷静に向き合うだけで一歩進めるんですもんね。

さぁこれからだぞ。

そんな話が終わり、プライベートな話に切り替わった途端に再び話が噛み合わなくなったことはとても印象的でした。

それでは不思議で情熱のあるメルヘン優衣に愛を込めて

勝野太一朗


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を3店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. 「フォッコ」と「きゅうり」
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. 4月から入社する君たちへ伝える3つの事
  4. 親が結婚35周年だったんだ。
  5. 今年も葛飾フードフェスタ2016に出場してきたぜ!

関連記事

  1. 僕の戯言

    【どうしてそうなった?】息子とのお絵かきタイム

    この前長男がおもむろに「お父さん!これ描いてくれる…

  2. 僕の戯言

    お母さんの誕生日プレゼントを悩む二人の苦悩

    今月妻の誕生日があったですけど、息子たちからも何か…

  3. 社員ネタ

    大樹がスタイリストデビューしました!!

    先日に彼の2回目のスタイリストテストがありました。…

  4. 僕の戯言

    【教育方針】どんな時でも礼儀正しく

    ジーーーーーーーーーーー・・・・・&nbs…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 初カップラーメンを食べてみて。
  2. 地域の小学校にセミナーをしてきたんだ。
  3. 子供が変わる!!押忍!!空手道!!!
  4. ミクロコロンコロンの悩み
  5. 目的も無く独立をしようとする人

ARCHIVES

Facebook

  1. 僕の戯言

    自分だって若くてどうしようもない時はあった。
  2. 僕の戯言

    自分の「見たいようにしか世の中を見ていない人」
  3. 僕の戯言

    美容師人口が減ってるって言うけど
  4. 僕の戯言

    「あたりまえ」の事を徹底して積み重ねるしかない
  5. 僕の戯言

    お父さん大好きっ子
PAGE TOP