僕の戯言

大切な場所で僕がスベる理由

どーもー!鉄板焼きと美容室のシャチョー兼キャンパーの僕です。

みなさんには大切な仲間ってどれくらいいますか?大切な仲間の定義は各々であって良いと思いますが、僕は仕事の仲間以外にとても大切な仲間がいます。

今日はそんな奴らの話を少し。

 

恒例のイベント

僕は比較的に人との出会いにとても恵まれている人生だと思っています。

家族、仕事の仲間、友達など沢山の人に囲まれ支えられながら生きていると、最近は特に思うようになって来ました。

そんな中でもっとも付き合いの長い友達が地元の友達です。

いまだに定期的に呑んでいますが、保育園からの付き合いの奴もいます。もう何を隠す隠さないとかの次元じゃない繋がり具合です。

そんな奴らがこの前僕の35歳のバースデーパーティーをしてくれました。まぁ全員交代でやるので年に10回近くは誰かのを祝ってますけど。

なんで目のモザイクをしているかはご想像にお任せします。

 

それでこの誕生会は必ずプレゼントのイベントがあります。

内容は【誰か一人がプレゼントを決めて当日みんなに発表しお金を徴収する】システムなんです。まぁ35歳の集団なんでね・・金額上限はさほど決めていなく、大事なのは「お金をかけても笑えるくだらない物にするか」「よほど本人が欲しい物にするか」なんです。

要はプレゼントを決める人のセンスが問われるかなりプレッシャーの掛かるイベントです。

プレゼントは本当にその人のセンスなんで、僕が担当だった時はビジネスツールのシステム手帳で真面目な時もあれば、アディダスのサンダル色違い10足とかもありますし、他の人もアルマーニのキーリングや、ワンダーコアなど本当に色々です。

とにかく「お金をかけて全力でフザケル」か「本当に本人が欲しいもの」がテーマなわけです。

 

 

何回も言うけど「センス!!」

今回は僕のプレゼントを「北小岩在住の神長良輔。携帯番号080-3500-9400」が担当だったわけです。

昨年はアツシスズキが担当でレイバンのサングラスを頂き、一昨年はワンダーコア。レイバンのサングラスは普通に格好良く今も普通に使っていて、ワンダーコアはいきなり人の家の事情を無視してそんなに大きな物を渡される面白さや、筋トレ付きの僕にはまぁ有りかと。

さて、今回「北小岩在住の神長良輔。携帯番号080-3500-9400」が選ぶ物はどんななのか。

僕が袋を開ける時、静まり返りみんなが注目するんですね。

いいですか?センスです。「くだらない物」なら僕はいらねぇーってなってもみんなが爆笑ならいいんです。僕がスベるのは絶対にダメです。誕生日ですし。

 

開けて見ると・・・・

 

 

 

カ、カメラ・・・・・・??

ド、ドライブレコーダー・・・??

 

「北小岩在住の神長良輔。携帯番号080-3500-9400」曰く、水中カメラにもなるから子供を撮れるって・・・・

 

いや、もう夏終わりだよ。

 

 

・・・・・・・・

 

 

・・・・

 

 

 

イェーーーーーーーーーイ!!!!

イェイ!!!

 

そんな僕を静かに優しく見守っていてくれたヒロを私は忘れない。

 

それでは「北小岩在住の神長良輔。携帯番号080-3500-9400」に愛を込めて

勝野太一朗

この記事が気に入ったら「いいね!」
してくださいね!


The following two tabs change content below.
勝野 太一朗
東京葛飾区に美容室と飲食店を2店舗経営する(株)ビークリエイト代表取締役 生粋の下町っ子で生まれも育ちも葛飾柴又。この街の人々と関係性を深め、地域をより活性化する事に力をいれてます。プライベートでは3兄弟の父で休みの日も子供達と奮闘中!

ピックアップ記事

  1. それ「おうちゃく」にすらなってねぇからな。
  2. ミクロコロンコロンのお食事事情
  3. 彼は貝になりたいわけじゃない
  4. なんか感慨深いものがあった入学式
  5. とにかく楽しすぎる私の日常

関連記事

  1. 僕の戯言

    全然カッコ良くないからな・・・

    うーんと無いな・・・&…

  2. 僕の戯言

    ヘアショー(スピンオフ 大樹編)

    先日のヘアショーで僕たちはトップバッターだったんで…

  3. 僕の戯言

    大切な人に「感謝」を伝えていますか?

    僕は大体月に5冊は本を読む様にしています。読書好きの人には大し…

  4. 僕の戯言

    ミクロコロンコロンの悩み

    勝野家次男 隼ノ介  通称ミクロコロンコロンスペック 最近どう…

  5. 僕の戯言

    大切なのはお客様との関係性

    ・・・・・・・・・&n…

  6. 僕の戯言

    「親が楽しむこと」が子供を楽しませる秘訣

    春から夏にかけて気候が変わって行く中でのこの寒暖差はかなりキツイと感じ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 「僕も手伝うからさ」の夏休みの自由工作
  2. た、楽しかったんだよな?
  3. あいつが飛び立って行きました。
  4. 彼は貝になりたいわけじゃない
  5. 自作で流しそうめん台を作ってみたんだ。

ARCHIVES

Facebook

  1. 育児奮闘記

    「フォッコ」と「きゅうり」
  2. 育児奮闘記

    仕事でも遊びでも「楽しさ」から教えるべき
  3. 育児奮闘記

    子供の質問に困った時はこうすればいいんだ。
  4. 僕の戯言

    結局のところチームに必要なのは「信頼」だから
  5. 僕の戯言

    勝手に考察。売れる美容師。売れない美容師。
PAGE TOP